• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
AntiAging.jpg
画像は、「ガッテン!」より引用

 今月16日、NHK「ガッテン」で『NASA直伝! 魅惑のアンチエイジング』と題して放送された老化予防法が注目を集めている。無重力状態で長時間を過ごす宇宙飛行士は地上の10倍ものスピードで老化が進むことが判明しているが、そこに深く関わる要因こそ「耳石」であり、たとえ地球上で暮らしている私たちであろうとも、(30分に1回起立するなどして)耳石に重力を感じさせるだけで細胞が活発化し、老化が抑えられる可能性があるというのだ。これはまさに、宇宙飛行士たちが従事している研究が、地上で生きる私たちの健康や暮らしに大きく役立っていることを如実に示す好例といえるだろう。

 しかし、実はNASAの研究によって生まれたアンチエイジング法は、今回放送された「30分に1回立ち上がる健康法」に限らず多数存在する。NASAが公認する究極のスーパーフードや、元研究者が開発した最先端の老化防止アイテムを5つ、厳選して紹介しよう。


1. NASAが認めた21世紀の主要食「キヌア」

AntiAging_2.jpg
キヌア 画像は、「Wikipedia」より引用

 エクアドルやボリビアをはじめとする南米・アンデス地域が原産の穀物「キヌア」。低カロリー&低糖、アレルギーの心配もないという小さな粒に、白米や玄米を遥かに凌ぐ栄養素がバランス良く詰まっており、植物性の食物であるにもかかわらず牛乳と同程度のタンパク質まで含まれている。

 その歴史は極めて古く、原産地では3000年以上前から栽培されてきたが、近年NASAが注目し、「最強の宇宙食としてふさわしい」「21世紀の主要食」と発表したことで一気に世界の食卓に上るように。主に茹でたり炊くなどして、ご飯のように食べたりスープに加えるだけ――と調理法も実に簡単だ。

 抜群の栄養価のみならず、キヌアは水分を吸って膨らむため、少量でも満腹感が得られるダイエットや美容に最適の食品。多くの海外セレブも毎日の食事に取り入れているという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。