>  >  > 地球の自転がスローダウン、1日が25時間になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

佐藤Kay

,

地球

,

天文

,

時間

,

自転

 英紙「The Guardian」によれば、これから先、地球の自転が徐々にスローダウンすることで、1日の長さが現在よりも1時間増え、25時間になるという――200世紀先の話だが。


■1日の長さは100年ごとに約2ミリ秒ずつ長くなっている

 イギリス・ダラム大学の天文学者チームは「過去2735年の間、地球の自転はいかに変容してきたか」を解明するため、日食と月食に関する紀元前720年~西暦2015年までの膨大なデータの精査を試みた。

 最も古いデータは古代バビロニアで情報伝達の手段として使われていた粘土板で、くさび形文字で書かれていた。他にも古代ギリシア、中世ヨーロッパから中国の巻物に至るまで歴史的資料が総動員されたという。これら古文書には当時の人々が、さまざまな天体ショーを、いつ、どこで目撃したかが記録されており、加えて西暦1600年以降は、月の掩蔽(天体が他の天体を覆い隠すことにより地球から見えなくなる現象。星食という)も研究の対象となった。

twomilliseconds1.JPG
The Guardian」の記事より

 そして、コンピュータによるシミュレーションと実際の記録との比較が行われた。

「もし、地球の自転速度が常に一定だったとしたら、我々のシミュレーションと実際に目撃された場所と日時にはズレが生じないはずです。古代の記録は大ざっぱではありましたが、2つのデータには確かに差異が認められました。つまり、地球は異なるスピードで自転してきたということです」(ダラム大学の天文学者レスリー・モリスン博士)

 そして、今回の研究では、1日の長さは100年ごとに約2ミリ秒ずつ長くなっていることも発見された。これにより地球の自転は徐々に遅くなっているという結論が導き出され、計算上、約2億年後の地球では1日の長さは25時間になるのだという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。