>  > 300光年彼方に「太陽系の未来」の恐ろしい光景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
300光年彼方で“太陽の双子”が自らの惑星を飲み込んでいる! 恐ろしすぎる「太陽系の未来」の光景とは?

 我々が住む“緑の地球”の行末が、太陽に飲み込まれて消滅してしまうとしたら――信じたくない悪夢だ。 ■太陽に似た恒星「HIP68468」は“双子の太陽”  科学系オンラインジャーナル「Science Alert」は、ブラジル・サンパウロ大学をはじめとする国際的な天文学者チームが昨年末に発表した、地球の未来にとって戦慄を禁じ得ない研究結果を報じている。  研究者らは、質量や気温、化学物質の構...

スーパーフードの王様 マヤ文明の知種(チアシード)