>  > 太陽が「真っ二つ」に割れ始めてることが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 昨年10月、ホワイトハウスが「太陽風」、「磁気嵐」に関する大統領令を緊急発令したニュースをお伝えした。


■大統領令発令に隠された真の意図

coronalhole_03.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 具体的な内容は過去記事を参照して頂きたいが、来る太陽の大異変により、最悪の場合は電力・給水・医療・交通などの生活インフラ、さらには経済や安全保障も含めた国家存亡を左右する事態にも陥りかねず、そのダメージを可能な限り軽減するための国家的急務をオバマが訴えていたことは明らかである。

 しかし昨年、一時的な太陽黒点の消失など様々な異変が見られたものの、大統領令発令の背後にあるアメリカの不安をはっきりと読み取ることはできなかった。それが今月に入り、ついに米国が恐れる事態が明確に浮かびあがってきたのだ――。


■太陽分断による大規模災害の危険

coronalhole_04.jpg
画像は「EarthSky」より引用

 英紙「Daily Mail」(1月12日付)が、「太陽が真っ二つに分断されている」という衝撃的な見出しの記事を報じている。あまりにも現実離れした事態に想像することさえ容易ではないが、太陽に一体なにが起こっているのだろうか? 詳しく見ていこう。

 NASAは2010年以来、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」を用いて、太陽の磁場やその影響の観測を続けている。そのSDOが1月2日~5日の間に観測した太陽の様子に明らかな異常が見られたというのだ。

コメント

7:匿名2017年1月24日 10:37 | 返信

記事の内容以前に誤字で突っ込まれてる(笑)

最近のコラムはどこも誤字だらけ

今の20代、30代って頭悪いなりね

6:匿名2017年1月16日 11:28 | 返信

ちょっと、過剰な書き方ですね(>_<)

確かに年明けに、太陽風や、磁気圏の活動・・・高まった状態でしたが、
今は、落ち着いているはず!

『太陽が「真っ二つ」に割れ始めている・・・』なんて、とんでもないです!
天体物理の知識が無いとしか言いようがありません!

5:匿名2017年1月16日 09:43 | 返信

「発行」じゃなくて、「発光」じゃないのかねえ??

4:匿名2017年1月15日 19:49 | 返信

文明が崩壊して損するのは人間だけ。
多くの生物は得する

3:匿名2017年1月15日 10:45 | 返信

隕石衝突、大地震、太陽風とか同時期に重なりすぎじゃないか?
もうわざとやってるとしか思えないw

2:匿名2017年1月14日 21:48 | 返信

こんなバカなニュースを流してまでページビューが欲しいのか。
ハナクソほどの価値もないメディアだな。

1:匿名2017年1月14日 20:59 | 返信

なんやねん時期嵐て
校正しろやクソアホ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。