>  >  > 2つの大質量ブラックホールを発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 我々の太陽系が属している天の川銀河にほど近い別の2つの銀河では、どうやらその中心に巨大なブラックホールが潜んでいるようだと指摘されている。しかもそのブラックホールは、パラレルワールドに通じる入口かもしれないというのだ。


■2つの銀河の中心に大質量ブラックホールを確認

 NASAの天文研究チーム、NuSTAR(Nuclear Spectroscopic Telescope Array)は、赤外線や電磁波などを活発に放出する活動銀河核を持つ銀河である「IC 3639」と「NGC 1448」には、その中心に巨大な大質量ブラックホールが存在していることが濃厚であることを、年明け3日から7日にかけて米テキサス州グレイプバインで開催された天文学学術会議「American Astronomical Society」で発表している。どちらの銀河も明るいのだが、その一方でダストや雲に厚く覆われていて、銀河内部の状態はこれまではよくわかっていなかったのだ。

「これらのブラックホールは比較的、天の川銀河系に近い場所にあります。しかしこれまで我々の観察の目を逃れてきたのです。これらのブラックホールは、ベット下に隠れているモンスターのようなものです」と英・ダラム大学大学院生のNuSTAR研究者、アディ・アヌラー氏は同会議で語っている。

twonearbygalaxies1.JPG
「IC 3639」 画像は「NASA」より

 それぞれ「IC 3639」は1億7000万光年、「NGC 1448」は3800万光年、地球から離れている。皮肉なことに、近い「NGC 1448」のほうが厚い雲やダストで覆われているために、ブラックホールの特定が難しかったということだ。そしてこの「NGC 1448」のほうが新しい銀河で星の数も多い。

「ちょうど曇りの日に太陽がよく見えないように、中心部にダストの雲やガスが取り囲んでいるため、我々はこれまで直接ブラックホールを観察することができませんでした」と語るのは英・サウサンプトン大学大学院生のピーター・ボアマン研究員だ。

twonearbygalaxies2.JPG
「NGC 1448」 画像は「NASA」より

 それもそのはず、ダストやガス、雲などが多いことが活動銀河核=ブラックホールを持ち得る条件であり、周囲のガスや塵を吸い込んで“燃料”にすることで、膨大なエネルギー放出をしていると考えられているのだ。この“燃料”を燃やし尽くしてしまうと活動銀河核の活動はやみ、我々の天の川銀河と同じような静かな宇宙空間になるといわれている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。