【速報】世界初、女性のためのSEXロボット「Henry」発売! 女性たちの“赤裸々すぎる要望”判明、ペニスのアップグレードも想定か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 セックスロボットとは男性のためのもの――もはやそんな考えは過去のものになるだろう。ついに女性向け、つまり男性型のセックスロボットの販売が始まるという。英紙「The Sun」が今月4日付で報じている。


■男性型セックスロボット・ヘンリー

「男性型セックスロボットの販売準備が整った」と報じられたのは、セックスロボットを開発・販売する米「Realbotix」社である。かねてより男性型のセックスロボットを開発中と報じられていたが、「ヘンリー(Henry)」という正式名も与えられ、世界で初めて一般の消費者のもとに届けられる時がやってきたのだ。同社が手がける女性型セックスロボット「ハーモニー(Harmony)」と同じく、AI搭載によってセックスのみならずコミュニケーション全般を楽しむことも可能だという。

1205henry-1.jpg
ヘンリー。画像は「The Sun」より引用

 公表されているヘンリーの外見は、若い頃のブラット・ピットを思わせる整った顔と引き締まった肉体を兼ね備えたものである。だがもちろん、購入者の好みで顔や髪型、肌の色や体型などをカスタマイズ可能だ。AIで会話することができ、ジョークを言ったり歌を歌ったり、発音のアクセントをイギリス風にすることも可能だという。

1205henry-2.jpg
腹筋はもちろん6つに割れている。画像は「The Sun」より引用

 肝心の股間だが、ヘンリーのアソコにはシリコン製のペニスが搭載されており、オプションで取り外し可能なベニスも選択することができるという。開発段階においてこのペニスは、本物により近い機能を持つバイオニックペニス(詳しくはこちらの記事)となる予定であったが、開発に予想以上に時間を要したのか(?)どうやらローンチのタイミングには間に合わなかったようだ。

「The Sun」によると、ヘンリーの販売価格は1万ドル程度(約113万円)を見込んでおり、カスタマイズの内容によって多少前後するようだ。

コメント

6:匿名2018年12月13日 05:55 | 返信

動けないんじゃ騎乗位以外クンニや手マンすらできないじゃん。バック系は工夫次第でいくらかできそうだけど。

5:匿名2018年12月10日 12:06 | 返信

男用の女型もできたら少子化が加速しますねえ…

と思ったが貧乏人には買えないからそうでもないか。

4:匿名2018年12月 6日 00:20 | 返信

『女性には亡くなったパートナーに似せたセックスドールが欲しいというニーズが存在する』
ないわボケ。

3:a2018年12月 5日 17:14 | 返信

BBCそっとじ

「ロボット+ヘンタイ」的なもの日本を表現することは欧米の主流メディアでよく行われる。特にBBC。色々なパターンがあるが、まずその一つ。「日本人はVRを恋人にする性的に不能な人たち」という描き方

2:匿名2018年12月 5日 16:57 | 返信

『セックスロボットとは男性のためのもの――もはやそんな考えは過去のものになるだろう。』
男性型のセックスロボットは表向きには女性のためとしているが、一部の男性のために開発されたことは意外と知られていない。

1:匿名2018年12月 5日 16:56 | 返信

女は性欲を左右するテストステロン(男性ホルモン)が少ないんだから
そりゃそうなるだろ。
性欲はあるけど、平均すると男ほどじゃないってことでさ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。