>  >  > 伝説の金属「オリハルコン」がついに発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■アトランティス大陸発見へ

伝説の金属「オリハルコン」がついに発見される! 含有成分も判明、アトランティス大陸産の可能性も浮上!の画像3
汚れを取り除いたオリハルコン。かつての輝きを取り戻した?「Disclose.tv」より引用

 しかし、ブラジル・リオデジャネイロ連邦大学の元教授エンリコ・マティヴィッチ氏が異議を唱えたため事態が複雑化。マティヴィッチ氏によると、そもそもオリハルコンは紀元前900年ごろペルー北部のアンデス高地に栄えたチャビン文化にみられる銅9%、金76%、銀15%の合金に起源を持つため、発見されたインゴットは伝説のオリハルコンではないというのだ。

 また、イギリス人研究者ジョセフ・ニーダム氏も、古代にはアトランティス大陸で作られたオリジナルのオリハルコンと、古代ギリシア人がそれを劣化コピーした複製品が存在すると主張しているため、2015年に発見された金属が複製品だった可能性も考えられている。

伝説の金属「オリハルコン」がついに発見される! 含有成分も判明、アトランティス大陸産の可能性も浮上!の画像4
アトランティス大陸は実在するのだろうか?「News.com.au」より引用

 このような批判に遭い、結局のところ発見された金属が正真正銘のオリハルコンであるとは確定されなかった。やはり伝説の金属、そして伝説の大陸アトランティスは夢物語に過ぎなかったのだろうか……?

 希望はまだありそうだ。というのも、今月に入り、歴史系情報サイト「New Historian」(3月10日付)などが、またしても新たに47ものオリハルコンのインゴットが発見されたとのニュースを報じ、今度こそ“本物”もしれないと期待されているからだ。情報が限られているためこれ以上のことは分からないが、まだまだオリハルコン、そしてアトランティス大陸の謎から目が離せない状況だ。
(編集部)


参考:「New Scientist」、「Science Daily」、「News.com.au」、「New Historian」、ほか

コメント

3:匿名2017年5月17日 04:52 | 返信

なんにせよ合金の比率の問題ってこと?
ガッカリだな

2:トランプ大統領2017年4月19日 23:24 | 返信

そのオリハルコンで武器や防具を作って戦えということか?TVゲームじゃあるまいし。

ヘラクレスの私といえども宇宙人の殺人ビームには敵いません。

ゴルゴ13もサイボーグやエイリアンと戦うことを想定していないでしょ?

いつから、宗教がスターウォーズに変わったのか?わからないが

私の生き血をすするチュパカブラのレプティリアンに戦いを挑むには

それ相応の武器と防具と乗り物と搭乗型のロボットスーツ等(小型モビルスーツ)と

戦闘補助の洗脳されないMYロボットか洗脳されない同類の人間が必要。

奴の居場所を特定し、防御網を突破すれば

同じ行動しか能のない存在Ⅹを仕留められるかもしれん。

その前に、この地球にいる日教組や外国かぶれの田舎者を核兵器や毒ガスで始末出来ないようでは

到底、たどり着けない。

それとチュパカブラはオオカミの亜種だし、青い目の黒い犬だし

目撃情報と全然違う。なめとんのか?こら!お前らごとあの世に送ってやりたい。

1:匿名2017年4月18日 01:43 | 返信

オリハルコンは実は、日本のある無人島の海底深くに沈んでるそうですよ
日本は必要に応じて使用してきたそうです  この話本当か知りませんが、ある人が言っていました

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。