>  > ダウン症の子どもの前に現れた「守護天使」をバッチリ撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【衝撃】ダウン症の子どもの前に現れた「守護天使」をバッチリ撮影することに成功! やはりダウン症児は天使だったの画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 この笑顔の素敵な男の子は、アメリカに住むアッシャー・ライルズくん(7)。体細胞の21番染色体が1本余分に存在する遺伝子疾患「ダウン症候群」を患っており、話すこともできないが、両親はそのことを肯定的にとらえ、本来の名前にもう1つのAを追加し、「AAsher」と名付けた。

 この度、アッシャー君が撮影した1枚の写真が、世界中で話題となっている。母親のケリーさんによると、当時2人は自宅のある米テキサス州・ヒューストンに向かう飛行機に搭乗していたという。すると、アッシャーくんがしきりに機外を撮影したがったため、自身の携帯を貸したところ、なんと「天使」が写り込んだというのだ。

「昨日、ヒューストンに帰る飛行機の中で、最近写真撮影に夢中になっている、うちの7歳の息子が窓の外を撮りたがったの。後で確認してみたら、数枚の写真の中にこれがあったわ」(ケリーさんのフェイスブックより)

 なにはともあれ、まずは問題の写真をご覧頂こう。

【衝撃】ダウン症の子どもの前に現れた「守護天使」をバッチリ撮影することに成功! やはりダウン症児は天使だったの画像2
画像は「Huston Chronicle」より引用

 白い人影がハッキリと写り込んでいるではないか! まるでアッシャーくんを抱擁するかのように手を広げているのが印象的だ。ケリーさんはプロのカメラマンだというから、技術的なエラーの可能性は低いだろう。一体これは何なのだろうか?

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年5月22日 14:16 | 返信

天使ちゃんのママ…夢を見たいのはわかるけど
自分の内だけにしまっておいてほしいなぁ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。