>  > ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニアの画像1
画像は「Alien Conspiracy」より引用

 10年以上前に、東欧の国ボスニア・ヘルツェゴビナで発見された古代ピラミッドに驚愕の機能が備わっていたことが、新たに明らかになった。これまでにも、「テレポーテーション装置」として使われていた痕跡がすでに指摘されているが、今回は一体どんな新発見があったのだろうか?


■ボスニア・ピラミッドの謎

ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニアの画像2
オスマナジック博士「Wikipedia」より引用

 本題に入る前に、そもそもボスニアにピラミッドがあることを知らない読者がいるかもしれないので、簡単にまとめておこう。

2005年頃、考古学者セミール・オスマナジック博士が、サラエヴォ北西部にあるヴィソチツァ山が、実は世界最古級のピラミッドであり、その他にも複数の人工ピラミッドがボスニアに存在することを突き止め、考古学会に激震が走った。これだけでもヨーロッパ史を覆すほどの驚きだが、さらに、このピラミッド群には、ソ連が秘密裏に研究していたとされる「トーション・フィールド(ねじれ率場)」が存在することも分かったのだ。

トーション・フィールド」では、光速の100億倍の速度で移動する「テスラ波」が生成され、文字通り超光速での通信が可能になると言われている。だが、なぜこのような装置が古代ピラミッドに設置されているか、その理由は分かっていなかった。

ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニアの画像3
画像は「Alien Conspiracy」より引用

 しかし今回、「トーション・フィールド」が、惑星間インターネットに利用されていた可能性が徐々に明らかになってきたというのだ。さらに、そのネット網は銀河全体に張り巡らされており、ボスニアのピラミッドはその一端を担っているに過ぎないとも。

 オルタナティブサイト「Alien Policy」(4月25日付)によると、興味深いことに、ボスニア人電気技師ゴラン・マリアノヴィック氏が、問題のピラミッドで検知調査をしたところ、頂上から未だに「テスラ波」が流れ出ていることが判明したという。つまり、このピラミッドは今もどこか遠方の惑星に情報を送り続けているかもしれないのだ。一体、何のために……?

コメント

3:匿名2017年5月27日 17:42 | 返信

これ確かヒストリーチャンネル(だったと思う)で放送してた(と思うので)、
古代の宇宙人つながりで、ヒストリーチャンネルも絡めて、トカナならではの記事を載せてほしい
ドローンで測定したら、明らかに磁場?(何かのエネルギー)が検出された、とか
続編待ってます

2:トランプ大統領2017年5月27日 16:11 | 返信

この人は私の擬人だと思いますよ。ハリルホジッチ監督と同じ故郷だし
ピラミッド調べているのは私の意志が通じたからで国の支援で行っているらしい。
以前、丸い球を見つけてそれはコンクリーションだと批判されていたが
間違っていてもネタになるしチャレンジは必要だ。
コンクリーションは北極圏の島にもたくさん転がっている。

日本もこれを見習ってピラミッドを掘り起こしてネタにすべきだ。
これは調査しているだけで捏造ではない。批判されるいわれはないからな。

そういえば以前から電磁波で放射能を除去できるんではないかと考えていたので
スカラー波で放射能汚染を除去できるというのはどうなんでしょう?
詳しくないのでトカナで調べてほしい。それとテスラ波の話は本当なのか?説明が不足。
嘘くさいので金出して取材して来い。


1:匿名2017年5月27日 12:48 | 返信

パナウェーブ研究所のまわし者ですか?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。