ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニア

ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニアの画像1画像は「Alien Conspiracy」より引用

 10年以上前に、東欧の国ボスニア・ヘルツェゴビナで発見された古代ピラミッドに驚愕の機能が備わっていたことが、新たに明らかになった。これまでにも、「テレポーテーション装置」として使われていた痕跡がすでに指摘されているが、今回は一体どんな新発見があったのだろうか?


■ボスニア・ピラミッドの謎

ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニアの画像2オスマナジック博士「Wikipedia」より引用

 本題に入る前に、そもそもボスニアにピラミッドがあることを知らない読者がいるかもしれないので、簡単にまとめておこう。

2005年頃、考古学者セミール・オスマナジック博士が、サラエヴォ北西部にあるヴィソチツァ山が、実は世界最古級のピラミッドであり、その他にも複数の人工ピラミッドがボスニアに存在することを突き止め、考古学会に激震が走った。これだけでもヨーロッパ史を覆すほどの驚きだが、さらに、このピラミッド群には、ソ連が秘密裏に研究していたとされる「トーション・フィールド(ねじれ率場)」が存在することも分かったのだ。

トーション・フィールド」では、光速の100億倍の速度で移動する「テスラ波」が生成され、文字通り超光速での通信が可能になると言われている。だが、なぜこのような装置が古代ピラミッドに設置されているか、その理由は分かっていなかった。

ピラミッドは「惑星間インターネット」の通信設備だった! 光速の100億倍で移動する「テスラ波」も検知=ボスニアの画像3画像は「Alien Conspiracy」より引用

 しかし今回、「トーション・フィールド」が、惑星間インターネットに利用されていた可能性が徐々に明らかになってきたというのだ。さらに、そのネット網は銀河全体に張り巡らされており、ボスニアのピラミッドはその一端を担っているに過ぎないとも。

 オルタナティブサイト「Alien Policy」(4月25日付)によると、興味深いことに、ボスニア人電気技師ゴラン・マリアノヴィック氏が、問題のピラミッドで検知調査をしたところ、頂上から未だに「テスラ波」が流れ出ていることが判明したという。つまり、このピラミッドは今もどこか遠方の惑星に情報を送り続けているかもしれないのだ。一体、何のために……?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ