>  > キューバの「音響攻撃」はHAARPを使った米の自作自演か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
CubaCNN_1.jpg
画像は「CNN.co.jp」より引用

 今月10日、米CNNをはじめとする複数の海外メディアが驚くべきニュースを報じた。なんと、キューバのハバナにある米大使館に勤務する職員数人とその家族が、謎の音波装置を使った「音響攻撃」を受け、聴覚障害を患った可能性があるという。米国務省は対抗処置として、すでに在米キューバ大使館の外交官2人を国外追放した模様だ。


■FBI対キューバ政府、真実と正義はどちらにあるのか?

 今回、「音響攻撃」を受けた場所や日時は各個人で異なるが、いずれにも共通しているのが、「2016年末以来、脳震盪のような身体症状を発症した」という点だ。頭痛や吐き気などを伴う症状が出た職員もいた。

 捜査に乗り出した米連邦捜査局(FBI)によると、攻撃には高性能の音波装置の波長が利用された可能性があるという。そして、キューバ政府が絡んでいるのではないかという指摘もあるようだ。というのも、ハバナ駐在の米国の外交官たちの間では、以前より「キューバ政府によって自宅や車に侵入される等の嫌がらせを受けた」との訴えがあり、一部には帰国する外交官もいたという。そして、2015年7月1日にオバマ大統領がキューバと54年ぶりに国交を回復し、2016年に米国の大統領としては88年ぶりにキューバを訪問してから、「嫌がらせは止んだ」というのだ。

CubaCNN_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 もちろん、キューバ政府は「嫌がらせ」にしても、「音響攻撃」にしても関与を公式に完全否定している。果たして、FBIとキューバ政府どちらの主張が正しいのか? 真実はいったいどこにあるのだろうか。

 魔女である筆者の陰謀論的見地から言わせてもらえば、この事件は米国の極秘気象兵器として名高い「HAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)」を用いた“自作自演攻撃”ではないかと考えている。その理由を順に詳しく解説しよう。

コメント

2:匿名2017年8月21日 16:12 | 返信

取材が足りなすぎる。LRAD知らないのか?

1:匿名2017年8月21日 13:47 | 返信

是非、ビリーバーの方々には解説していただきたい!w

一体、どのような科学的原理でHAARPが気象や地震や人体に作用するのか?w
詳しく教えてくれよんw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。