>  > 【ガチ】宇宙人の建造物と呼ばれる星・ダイソン球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 唐突かもしれないが、“ダイソン球”をあなたはご存じだろうか? ダイソン球とは、1960年にアメリカの物理学者フリーマン・ダイソン氏によって提唱された仮説上の人工構造物の名称である。氏は、高度に発達した文明は恒星の発するエネルギーを余すことなく利用するために、その恒星自体をすっぽりと卵の殻のように覆う構造物を建設するであろうと考えた。これがダイソン球である。

 さて、恒星をすっぽり隙間なく覆ってしまうと、当然エネルギーが内部に蓄積する。この蓄積されたエネルギーは熱となりさまざまな問題を引き起こすことが予想されている。それがため、ダイソン球は定期的、あるいは不定期的にエネルギーを放出しなければならない。その有効な方法の一つが赤外線放射だと考えられており、このことから、宇宙空間のイレギュラーな赤外線放射のサインをキャッチすることで、地球外文明を発見できるとも期待されている昨今である。

tabbysstar3.JPG
 「Express」より

■2015年に発見された疑惑のダイソン球「KIC 8462852A」その意外な真相とは?

 で、ここからが本題なのだが、なんと2015年9月、これこそダイソン球ではないかと疑われる星がついに発見されたのだ。公式には「KIC 8462852A」、通称「タビーの星(タベサ・ボヤジャン氏が発見したため)」は地球から1480光年離れた宇宙で、不規則な減光の挙動が確認された。加えて、このKIC 8462852Aは一度の減光で明るさが20%前後も減少するのだが、これは通常考えられないことだった。

tabbysstar1.JPG
「KIC 8462852A」 画像は「Wikipedia」より

 このことから何かしらの超自然的な作用、もっといえば地球外生命体の存在、さらにいえばその地球外生命体がKIC 8462852Aをすっぽり覆うように建造したダイソン球ではなかろうかという声が上がったわけである。以来、約2年間にわたってKIC 8462852Aの不規則で大幅な明滅をどう合理的に説明するか、あるいは本当にこれがダイソン球なのだろうか、という議論が学者のみならず世間をも巻き込んで活発になされてきたのだが、先日、とうとう一つの仮説が発表されたのである。

 コロンビア・アンティオキア大学のマリオ・スゼルキア氏と彼の研究チームは、土星のような“環(リング)”を伴った星がKIC 8462852Aのまわりを回っているということで、一連の現象を説明できるとしている。

 その土星型の星はKIC 8462852Aのまわりを回りながら「環→星本体→環」の順番で光を遮ることになるが、地球から観測した場合、その環が“傾いている”ため、軌道の位置によって環が光を遮る角度が変化して、一見、なんの規則性もなく明滅しているかのように私たちに錯覚させているのだという。

コメント

5:匿名2017年12月 1日 12:24 | 返信

高度に発達した文明は恒星のエネルギーをとるのは間違いないよ
ただ、これがダイソン球かは知らんが

4:トランプ大統領2017年9月15日 01:02 | 返信

恒星のエネルギーなんかとってどうするの?
殻で覆う技術と物量があるなら必要ないだろ。
普通に考えたら現実的でないし、まじめに考えて記事を書いているとは思えない。
ダイソンの掃除機ならもっているが
宇宙にあるダイソンのでかいストーブなど売れるわけがない。
兵器か実験施設だとか言い始めたり
自分の作ったくだらん宗教のためにアホなSFネタを作って勝ち誇りたいだけではないか?
そんなものを本当に作る宇宙人がいたらよほどの阿保だと思うから絶対にかかわりたくない。

3:匿名2017年9月15日 00:14 | 返信

また世迷言を…
ダイソン球なんて現在の地球人が考えるレベルでしょ。
いくらソーラーパネルが優秀になっても星を覆うほど作るなんて非現実的だし、一番遠い所にまで並べるなんて損失を考えれば非現実的な考え。

2:匿名2017年9月14日 18:59 | 返信

宇宙の神秘が解き明かされたらエイリアンとの接触はさらに遠のくと思うがw

1:匿名2017年9月14日 17:11 | 返信

地球外生命体が建造したダイソン球なら超自然的な作用ではないよね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。