>  > 9.11の陰謀を暴くベスト動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 同時多発テロの真実を知りたい人向けに制作された皮肉満載の短編映画が、約180万回の再生回数を誇る人気ぶりだ。タイトルは「9月11日の陰謀説」。さっそくネチネチと分析してみよう。


■ハイジャック犯のパスポートが事件現場ですぐに見つかる

 シーンは2001年9月11日の朝、アメリカ。ナイフを持った19人の男たちは、中東の要塞で人工透析を受けている病人から指示を受け、その瞬間を待っていた。この病人こそ、生前のビンラディンだ。双方の通信手段は衛星電話とノートパソコン。なんというシンプルさ!彼らは世界最高峰の防衛網を誇るアメリカで、誰にも邪魔されずに交信し続けていた。

 19人はいとも簡単に民間機をハイジャック。アメリカでは民間機のパイロットに空軍出身の敏腕操縦士が就くことが多いのに、そんな敏腕からあっさりと機体を奪った。

 男たちは2機をブン取り、ニューヨークで3つの巨大な建物――ワールドトレードセンター群を次々と破壊! さらに、残り数名が他の1機を強奪し、ペンタゴンの会計監査室を直撃した。なぜ会計監査室なのか?

911attacks1.JPG
画像は「Wikimedia Commons」より

 ここで映画は、前日の9月10日にラムズフェルド元国防長官が「2.3兆ドルが用途不明」と記者に明かしてしまったシーンを見せる。……あっ、いや偶然なんだろうけど。

 映画の通り、実際に事件の数分後、どの番組も「首謀者はビンラディン」と報じた。さらに「ハイジャック犯のパスポートが事件現場から見つかった」とも。たった数分で首謀者を特定し、グチャグチャの事件現場から犯人のパスポートを発見! すごいぞアメリカ。まるで最初から物語が決まっていたみたいだ!

 テロのカオスに陥れば、会計監査室に隠された不都合な資料なんてどうでも良くなるのが国民心理だ。あーあ、誠意あるラムズフェルドはさぞかし「ビンラディンのせいで、ペンタゴンの不都合な真実を明かせずじまいで悔しい思いだった」のだろう。うん、きっとそうだ。

関連キーワード

911

コメント

10:匿名2017年9月12日 12:09 | 返信

フィクションの映画を真実だと信じてしまう人間の多いこと……
いつものお隣さんが、これまた勝手に日本を悪者にしているフィクション映画の『軍艦島』を真実だと信じ込んでいる連中と同じだよ。

9:匿名2017年9月12日 10:58 | 返信

>>8

アンカーずれてるぅ!( ̄□||||!!
>>6ね

8:匿名2017年9月12日 10:23 | 返信

>>1

幾つか可能性はあるよ。
①9.11が同時多発テロで、WTCがアメリカ経済の象徴として狙われた事から見ても、始めから標的として、本当に何か仕掛けられていた可能性。
WTC破壊、又はハイジャック自体に失敗した時のサブプランで近隣の関連施設は狙われていた可能性がある。
失敗しても「WTCの関連施設を破壊した!」って声明文出せるからね。
テロ対策を怠って爆弾でも仕掛けられていたら、政府も隠したがるかもね。

②欠陥構造物であり、事件でマズイ部分を破損した可能性。
第七ビル自体が何らかの欠陥や老朽化を抱えていて、外部の衝撃で柱などを破損した可能性もある。WTC崩壊は近隣の地盤にもかなりの衝撃を与えてるから無振動ではない。
外見が無事でも倒壊の危険があるというのは地震大国の日本でもおなじ。地震対策進んでる日本でもそれなのに、地震がほとんど無い地域の大型建築の耐久性なんて脆いにもほどがあるよ。
ちなみに全くの無傷ではなかったらしい。

7:匿名2017年9月12日 09:40 | 返信

>>4

鉄骨が溶けた訳じゃなくね?
建物は骨組みと壁で上の重みを支えてるから、壁面か、もしくは骨組みの補強材が焼失したことで、鉄骨だけで上の階を支えられなくなったんだろ。
その点は壁面なんかを「支え」として計算にいれた設計自体が弱点になったのかもね。

6:匿名2017年9月11日 21:44 | 返信

事件発生から8時間後に突如崩壊した第7ビルに関してはどのように説明するのだろうか。崩壊したのはツインタワーだけではない。隣の低層ビルも跡形もなく消えてるんだよな。ツインタワーの瓦礫が当たったことが原因とかなんとか。なんで、8時間後に崩壊するんだよ。

5:匿名2017年9月11日 21:40 | 返信

ツインタワー崩壊から8時間後、隣の第7ビルが突如崩壊。無傷のビルが突如跡形もなく、8時間後に崩壊したのである。これは誰にも説明不可能だろう。

4:匿名2017年9月11日 19:32 | 返信

2人目のかたが、おっしゃってるのも、頷けるのですが、過去にもエンパイアステートビルに航空機が、激突してそれを教訓にしてWTCの設計したらしいのと、他の説では、航空機の燃料が燃えたとして24時間燃え続けるくらいじゃないとあれほどの鉄骨を溶かしていくのは
無理じゃないかとの見方もありました。

3:匿名2017年9月11日 16:32 | 返信

WTCにお勤めのユダヤ社員さんたちにはあらかじめ11日はお休みせよ、の指示があったらしいし(笑)

2:匿名2017年9月11日 16:29 | 返信

他は知らないけど、WTCの崩壊はビル上部が何層も残った状態で、間のフロアが航空燃料の高温でいきなり焼失したから、ダルマ落としみたいに上層が下層に落ちて、そのまま重みと衝撃で縦に潰れたんじゃなかったっけ。

骨組みだけ焼け残って、そこから上層の重みが満遍なくかかって潰れたからキレイに潰れたとか。

ちなみに解体屋はビルの中ほどをいきなり爆破するやり方は雑すぎてしないし、あれだけ高層だとプロでも経験無いから難しいよ。

1:匿名2017年9月11日 14:31 | 返信

ジェット機は、機首内部にある、誘導装置で誘導されてWTCに激突。ペンタゴンのはミサイルか無人偵察機。付近のガソリンスタンドの監視カメラ映像では、激突の瞬間だけで、どんな機体かは不明。
WTCの燃え方くらいでは、全体が崩壊するのは不自然、また崩壊の仕方がアメリカで有名なハツリ屋さんが、廃墟ビルを解体するのと同じでダイナマイトを各階の柱に仕掛けて爆破させて瓦礫が飛び散らないように崩壊させてる映像と全く同じように崩壊してる。
いくら飛行機の燃料が、6000度近い温度で燃焼してもあのビル全体の鉄骨が、溶けるほどではない!
ビルのオーナーが、事件の半年前に高額の保険に加入、事件後保険料を受け取る
以上の理由でアメリカの自作、ビンラディンも含めた自演の恐ろしい陰謀だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。