9.11の陰謀を暴いたベストビデオ! “爆速”で再現すると見えてくる不都合な真実とは?

 同時多発テロの真実を知りたい人向けに制作された皮肉満載の短編映画が、約180万回の再生回数を誇る人気ぶりだ。タイトルは「9月11日の陰謀説」。さっそくネチネチと分析してみよう。


■ハイジャック犯のパスポートが事件現場ですぐに見つかる

 シーンは2001年9月11日の朝、アメリカ。ナイフを持った19人の男たちは、中東の要塞で人工透析を受けている病人から指示を受け、その瞬間を待っていた。この病人こそ、生前のビンラディンだ。双方の通信手段は衛星電話とノートパソコン。なんというシンプルさ!彼らは世界最高峰の防衛網を誇るアメリカで、誰にも邪魔されずに交信し続けていた。

 19人はいとも簡単に民間機をハイジャック。アメリカでは民間機のパイロットに空軍出身の敏腕操縦士が就くことが多いのに、そんな敏腕からあっさりと機体を奪った。

 男たちは2機をブン取り、ニューヨークで3つの巨大な建物――ワールドトレードセンター群を次々と破壊! さらに、残り数名が他の1機を強奪し、ペンタゴンの会計監査室を直撃した。なぜ会計監査室なのか?

9.11の陰謀を暴いたベストビデオ! 爆速で再現すると見えてくる不都合な真実とは?の画像1画像は「Wikimedia Commons」より

 ここで映画は、前日の9月10日にラムズフェルド元国防長官が「2.3兆ドルが用途不明」と記者に明かしてしまったシーンを見せる。……あっ、いや偶然なんだろうけど。

 映画の通り、実際に事件の数分後、どの番組も「首謀者はビンラディン」と報じた。さらに「ハイジャック犯のパスポートが事件現場から見つかった」とも。たった数分で首謀者を特定し、グチャグチャの事件現場から犯人のパスポートを発見! すごいぞアメリカ。まるで最初から物語が決まっていたみたいだ!

 テロのカオスに陥れば、会計監査室に隠された不都合な資料なんてどうでも良くなるのが国民心理だ。あーあ、誠意あるラムズフェルドはさぞかし「ビンラディンのせいで、ペンタゴンの不都合な真実を明かせずじまいで悔しい思いだった」のだろう。うん、きっとそうだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ