>  >  > アヌンナキが築いた「地球最古の超古代文明」が南アフリカで発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

アヌンナキ

,

南アフリカ

,

古代文明

,

歴史

,

【衝撃】20万年前に宇宙人アヌンナキが築いた「地球最古の超古代文明」が南アフリカで発見される! 証拠多数、全地球文明の起源か!の画像1
画像は「readlly」より引用

 古代文明といえば、古代エジプト文明、メソポタミア文明、シュメール文明などがその代表格であり、最古の文明に属すと考えられているが、なんと、これらより何十万年も前に存在した超古代文明が発見されたとの情報が舞い込んできた。


■南アフリカに20万年前の超古代文明が存在した

【衝撃】20万年前に宇宙人アヌンナキが築いた「地球最古の超古代文明」が南アフリカで発見される! 証拠多数、全地球文明の起源か!の画像2
画像は「readlly」より引用

 ミステリー情報サイト「readlly」(4日付)によると、なんと南アフリカのマプト湾から西に150kmの場所に、1500平方キロメートルもの広大な土地を持つ、紀元前20万年~16万年前の超古代都市が存在したというのだ。

 同地には超古代人が制作したとみられる地上絵などが現在も散らばっているが、地元民はさほど気に留めていなかったようだ。だが、この地に興味を持った作家のマイケル・テリンガー氏の調査により、その重要さが徐々に明らかになっていったという。

「友人がこの地の存在を私に教えてくれた時、彼はその後の驚くべき発見について知る由もなかったかもしれません。しかし、数年かけて集めた数々の写真、遺物などの証拠により、この地にどの古代文明よりも古い失われた超古代文明が存在していたことが分かりました。数百年前でも数千年前でもありません、数十万年前の文明です」(テリンガー氏)

「私はオープンマインドだと思いますが、この地が地球上最古の文明であると理解するのには数年を要しました。それというのも、古代文明といえばシュメールとエジプトだと相場が決まっており、そのように教育されてきたからです」(同)

【衝撃】20万年前に宇宙人アヌンナキが築いた「地球最古の超古代文明」が南アフリカで発見される! 証拠多数、全地球文明の起源か!の画像3
画像は「readlly」より引用

 いきなり20万年前に超古代文明が存在したと言われても、にわかに信じ難いが、同地の地理的特徴がある伝説とぴたりと一致するというのだ。南アフリカといえば金の一大採掘地である。鋭い読者ならすでにお気づきかもしれないが、同地も金山に囲まれており、金といえば、人類を作ったとされる古代宇宙人「アヌンナキ」を思い起こさずにはいられないだろう。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年10月13日 09:37 | 返信

俺のキンタマにも金が2つ・・

1:匿名2017年10月12日 06:26 | 返信

地球上で最も金を含んでいるのは「海水」です。高度な文明を持った種族なら海水から金を抽出する技術など容易く開発できるはず。そんなことも出来ない原始的な種族が惑星間を旅して云々など夢物語。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。