>  > 米人気女優、SEXカルトのNo.2だった事が判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 アメリカの大人気ドラマ『ヤング・スーパーマン』で「隕石の影響で傷を癒す力を持つ記者」を演じた女優、アリソン・マック。主人公クラークに対する恋心を秘めた役が印象的だったが、実生活においても心に秘めているウラ事情があるという。それは、なんと「自助グループ“NXIVM”のナンバー2」という、衝撃的な事情だ――。

memberofasexcult1.JPG
Allison Mack」より

■自助グループ「NXIVM」内にセックスカルトグループがある!?

 ドラマ『ヤング・スーパーマン(Smallville)』で傷を癒す力を持つ記者を演じた彼女は、実生活ではセックスカルト集団でメンバーが抱える心の傷をセックスで癒してきたということか? メンタルヘルス関連の自助グループ「NXIVM」の元スポークスマン、フランク氏の爆弾発言をもとに検証する。

 フランク氏によると、NXIVMには内部組織があり、女子学生だけで構成されるDOSというグループが存在する。そのメンバーたちは体にメンバーシップの印を刻む。写真を見ると、皮膚にRとMの文字が刻まれているのがわかる。これはNXIVMの創立者キース・ラニエールの「Raniere」とDOSメンバーのリクルーターとして活躍するアリソン・マックの「Mack」の頭文字を合わせたものだという。

memberofasexcult2.JPG
DCSメンバーの肉体に刻印された「RとM」 「Daily Mail」より

 組織から逃げ出したフランク氏は、アリソン・マックがナンバー2を張るこの集団を「カルトそのもの」と振り返る。RとMの二人をトップに、奴隷階層を構築しているというのだ。フランク氏はブログで、アリソンの行ってきた組織作りの方法を披露している。その方法とはまさに「奴隷社会」の地獄絵図のようだった。

 まずアリソンが、自身が統括する小さな奴隷組織に女子学生を集める。集められたメンバーたちは、新たなメンバー集めを強いられる。新メンバーを組織に連れて来られなければ、肉体的体罰を受けることによりメンバー集めからは逃れられる。「メンバー集めか、体を張った究極の癒しか。女学生の〇〇ちゃん、あなたはどっちを選ぶの!?」ということか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。