>  >  > 木曜深夜にNASAが緊急重大発表! 宇宙人のメッセージ受信か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 アメリカ航空宇宙局(NASA)が12月9日(現地時間)、突如として全世界に向けて衝撃的アナウンスを行った。なんと東部標準時14日の午後1時(日本時間15日午前3時)より緊急会見を開き、ケプラープロジェクトが成し遂げた歴史的発見について急遽報告するという。会見の模様はオンラインでリアルタイム配信される予定だ。

NASA1215_2.jpg
画像は「NASA」より引用


■世界中のメディアが注目、地球外生命体を発見か!?

「ケプラー」といえば、2009年に打ち上げられたNASA最新の宇宙望遠鏡にほかならない。その名は、惑星の運動に関する法則を発見した天文学者ヨハネス・ケプラーに由来し、地球の衛星軌道上ではなく、太陽周回軌道上に投入された。究極のミッションは、人類の移住先候補となる太陽系外惑星を見つけること。現在は「K2」と呼ばれるミッション第2段階にあり、すでに2500以上の太陽系外惑星を発見――。そんなケプラーによる歴史的発見とあれば、「ついに地球外生命体を発見したのか」「“第2の地球”が特定されたか」と海外メディアがざわつく現状も頷ける。

NASA1215_1.jpg
画像は「EXPRESS」より引用


■発表内容を紐解くカギはグーグル製AI?

 14日、いったいどんな衝撃的事実が明かされるのか? 緊急会見の告知アナウンスには、当日の発表内容を予想するいくつかの手がかりが含まれている。NASAによると「今回の発見は、ケプラー宇宙望遠鏡と人工知能(AI)との協働による成果」であるとのこと。また、発表に立ち会う科学者として、NASA本部の天体物理学者ポール・ヘルツ氏や同エイムズ研究センターの科学者ジェシー・ドットソン氏らとともに、米・グーグルのAI部門でシニアソフトウェアエンジニアを務めるクリストファー・シャルー氏が名を連ねている点も見逃せない。

コメント

10:匿名2017年12月15日 22:20 | 返信

生命体発見じゃなかったねw。
さすがはTOCANA、ハズレばっかり。
釈明記事か、NASAは重要なことを隠蔽している、と捏造説の記事を早く載せてね。

9:匿名2017年12月15日 11:58 | 返信

続報まだ?

8:匿名2017年12月14日 13:43 | 返信

元のサイトに一言も宇宙人(Species)とか書いてないし、AIは観測の為の制御に貢献する程度で、メッセージを解読とか一切書かれていない。

いかにこの編集部が斜め上の読解力なのかが露呈しちゃうよね。
英語できないから拾い読みで勝手に妄想しちゃったのカナー?

7:匿名2017年12月13日 12:41 | 返信

つか、元のNASAのサイト見ればわかるけど超重大とも緊急ともどこにも書いてないんですが。
ケプラー望遠鏡の最新の発見についてテレビ会議にて発表する としか書いてません。
勝手に煽ってるのはこのサイトなんで、文句を言うならこのブログの管理者に言いましょうね。

6:匿名2017年12月13日 12:34 | 返信

学術的に重大な発表に一般大衆が勝手に食いついて騒いだ挙句、期待外れと文句を言うのは的外れも良いところ

5:匿名2017年12月13日 00:03 | 返信

過去のNASAの重大発表は常に大衆の期待の数段下の発表ばかり!
発表された内容はどれも、一般人がそんな話されてもワクワクも無くどうでも良いって話だった。
今回も一般人には大して興味を強く抱くものでは無いと思う。

4:匿名2017年12月12日 13:39 | 返信

ケプラーは光学式

3:匿名2017年12月12日 05:03 | 返信

で?メッセージは?

2:匿名2017年12月12日 00:16 | 返信

ケプラーって、光学式望遠鏡?電波望遠鏡?
光学式だったら、どうやってメッセージを受信するの?w
レーザー光線とか、光の点滅とかを見つけたの?w

1:匿名2017年12月11日 19:15 | 返信

まぁどうせ
「これまでで最も地球の環境に近い惑星を発見」
位の発表でしょ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。