>  > 12年間口がきけないフリで喋れなくなった男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

佐藤Kay

,

,

殺人事件

,

発話障害

,

障がい者

SilentMan_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 オルタナティブ・ニュースサイト「Oddity Central」(2017年12月27日付)は、殺人の疑いで男を逮捕したところ、それまでの12年間口がきけないフリをしていたせいで、本当に喋れなくなってしまっていたと伝えている。


■親族内で殺人事件が勃発

 このありえないほどトホホな男の名は、ミスター・チャン。2005年のある日、ミスター・チャン(当時33歳)は家賃約8500円をめぐり、妻の叔父カオ氏と激しい口論となっていた。カッとした彼は、気がつけばカオ氏をメッタ刺ししていたという。

 殺人現場となった浙江省杭州のカオ氏宅を飛び出して、そのまま行方知れずに――。逮捕は時間の問題と思われたが、意外にも難航した。

 実はミスター・チャン、逃亡中にワン・グイという偽名を使って口のきけないホームレスになりきり、潜伏していたのだった。その後ほとぼりも醒めた頃、杭州から北へ700kmの安徽省にある小さな村へ落ち着くことに。ここでは工事現場などで働き、完璧な発話障がい者を装っていたらしい。

 しかも、善良な別人になりすましたおかげで、再婚して子どもまでもうけたというから恐れ入ってしまう。その上、新しい妻子の前でも一切言葉を発しなかったそうだ。

 だが、12年目にして天罰は下った。2017年1月、地元警察による世帯調査が始まったのだ。このとき、ミスター・チャンが身元を証明する書類を一切持っていないことに不審を感じた当局は、彼の血液を採取、DNA鑑定に持ち込んだ。すると、ワン・グイとは、12年前の殺人犯ミスター・チャンの正体であることが暴き出されたわけだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。