• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 実は、ロシアではカザフスタンに向けてロケットを打ち上げる実験を行っており、その落下片がイルティシ川に落ちる可能性もあるという。破片から核物質が流出すると、それを吸収した川魚の生態系にも少なからず影響が出てしまい、突然変異を起こすと考えられているのだ。

mutantfish2.JPG
Daily Mail」の記事より

 ちなみに、カウカマスには本来このような角は生えないため、明らかに外的要因が作用して突然変異を起こしたとみられている。その外的要因こそが「ロシアが打ち上げたロケット片から流れ出る核物質だ!」と、現地の住民や専門家たちは確信している様子。


■「見放された地域」にある川

 もともとイルティシ川は、隣国との間で水利権がしっかりと取り決められてこなかった。その結果、中国、キルギスタン、ウズベキスタンなどの近隣諸国がこの川に汚染水を垂れ流し、放置してきた。諸外国から流れ込む汚染水の合計量は、もはや下水の処理能力を超えており、カザフスタンの当地域では乳幼児を健康に育てるのさえ苦労する状況に陥っているそうだ。

 こうした「見放された地域」にロシアが目をつけたのかどうかはわからないが、「これほどの被害を受けているうえ、さらにロケットなんか打ち上げるから、グロい魚まで生まれてくるのだ! もうやめて!!」と、地元住民が感情的になっても仕方あるまい。水貧地域にとって、汚染物質をこれ以上川に流されることは、まさに死活問題なのだ。

mutantfish3.JPG
Daily Mail」の記事より

 ちなみに、ドラゴンのようなこの2匹の魚を釣り上げた男性は、頭部は切り離してサンプル用に保管したものの、胴部は食べてしまったという。今のところ身体に異変は現れていないようだが、数年後に突然、なんてことにならなければ良いのだが……。
(文=鮎沢明)


Pike with horns spark rocket fuel mutation fears in Russia 動画は「UFOmania」より


参考:「Daily Mail」、「Disclose.tv」ほか

コメント

4:トランプ大統領2018年2月14日 00:55 | 返信

>>3

まったくその通り。
作りものにしか見えない。生きた状態でアップしてもらわないと。
それとも、ドラゴンを喰ったとでも言いたいのか?殺されたいのか?
私はいつでも戦争出来る準備をしている。
貴様らが朽ちるまで止めるつもりはない。例え100年間戦争を続けてもいい。
戦争をしている方が科学技術が進化するし、ゴミ屑のような人間が死んでくれて健全だ。
麻薬戦争を仕掛けたドゥテルテ大統領のように
超法規的殺人で生きる価値のない人間をジャッジして抹殺していく計画なので、世の中の奴はすべて選別されるし、すでに電子機器を使って人間は監視されている。
ネットやらスマホやら操作していたら私生活など全部知られているようなものだ。
いろいろ細工がしてあるらしいからな。
テレビの前で裸になってチンコまるだしだとチョンがうるさいぞ。なんかチンコがどうだとか見えているとか言っていた。この世にプライベートなどない。

3:匿名2018年2月13日 17:02 | 返信

>胴部は食べてしまったという
普通食わんだろw

2:匿名2018年2月13日 15:26 | 返信

このツノは作り物では

1:匿名2018年2月13日 15:25 | 返信

フェイクくさいなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。