• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

 街の防犯カメラがとらえた衝撃の一瞬が今、YouTubeで1万5000回近く再生されている。ネットでも瞬く間に拡散されたが、そのキャプションはこうだ。「奇っ怪なフォースにより、空中に放り投げられた少女:誰か論理的に説明してくれないか?」


■路上で突然吹き飛ばされた女子学生

 のんびりした下町の昼下がり。中学生くらいの女の子が建物の中から出てきた。彼女は道路を渡ろうとしたが、トラックが右折してきたため立ち止まる。そして何か忘れ物に気づいたかのように引き返した次の瞬間!

 なんと、目には見えない力で数メートル吹き飛ばされたかと思うと、激しく地面に叩きつけられたのだ。幸いにも、落下地点に駐車の場所取り用ダンボール箱が置いてあったため、かろうじて一命は取り留めたようだ。

knockingagirl1.JPG
画像は「YouTube」より

 だが、もしダンボールがなかったら――おそらく首の骨を折っていたかもしれない。それくらい凄まじいパワーでぶっ飛ばされたのだ。少女のそばを、なんの気なしに歩いていた男性も、度肝を抜かれたらしく、呆然としながら少女に歩み寄った。

突然吹き飛ばされた女子学生 動画は「YouTube」より

「かなりヤバい霊力を感じる」と、不吉なコメントを残すビューワーもいる。白昼堂々、こんな大胆な“霊のしわざ”があるのだろうか。

コメント

11:肝七2018年6月 2日 11:19 | 返信

ろくに検証もしないで俺って騙されないから知的でクールでかっこいいと
自分に酔っているやるがいかに多いかだな

10:匿名2018年6月 1日 23:18 | 返信

これ、半年前にYNC等でUPされてた動画じゃん。
トラックが電話線引っ掛けて切断された勢いで女の子が吹っ飛ばされたとかの理由。
『TRUCK CUT TELEPHONE CABLES AND CRABS THE GIRL』で検索してみ?

何が霊だのCGだのフェイクだよwww

9:匿名2018年5月30日 18:02 | 返信

たしかにワイヤーで引っ張られているようにも見えるが、浮き上がる瞬間に髪が後ろにぱっとなびいて、上半身にドンとなにかがぶつかったことで、ふっと飛ばされてるようにも見える。CGでないとしたら、ワイヤーのほかには左側の建物のダクトのリリース弁から高圧の空気が噴き出したか・・・ なんらかの理由(スチームの全館暖房、空調とかダクトの高圧洗浄等)で、通常は起きない想定外の管圧の異常のために、外に圧を逃がすリリース弁が瞬間作動した、みたいな。現代の日本の建物では、ほとんど見られないけど外国の旧館には多い。たとえば、アメリカ映画なんかによく出てくるやつ、スラム街の路地で古いアパートやビルの横から白い蒸気がリリースされてるシーンとか。あれも管圧が急上昇しないように、時々低圧で蒸気をリリースしている。動画は高圧は高圧でも蒸気なんかじゃなく、ただの空気のようだから、業者が建物の中で高圧をかけてダクトの点検か掃除をしてたんじゃないか。ふつうは、その高圧でダストやビルジとか飛ばされるのにえらく詰まってたか、事前のダクトの各バルブの開閉が正しくおこなわれていなかったかなにかで、分岐した枝管を通った空気がリリース弁から噴出した。そんなところだと思うが。

8:天才超能力者2018年5月30日 17:50 | 返信

この手のはクソ画質って時点でフェイク確定だよw

7:匿名2018年5月30日 15:26 | 返信

パンツ見えへんな。

6:匿名2018年5月30日 10:10 | 返信

動画のナレーションでも指摘してるけれど、
トラックがワイヤーみたいなものをひっかけたのに女の子が巻き込まれたんだと思う。
似たような事故で中国の交差点で車が突然浮き上がる動画があった。

5:匿名2018年5月30日 00:19 | 返信

ヘタなCG

4:匿名2018年5月29日 18:20 | 返信

道路に置かれている箱の前に影なのかドットが現れて消えてるんだが。(37秒ぐらい)
これは本当に編集無しの映像なのか?

3:匿名2018年5月29日 15:55 | 返信

最初に通って建物に入る男。ワイヤー触ってない?しかも、女の子が吹き飛んだ後にすぐ出てくる不自然さ。気になる。

2:匿名2018年5月29日 15:08 | 返信

良い場所に箱が不自然にあったものだ

1:けい2018年5月29日 14:44 | 返信

こんな感じの不自然な動きは香港映画でよくみられるね。
こういう不可解な現象を映画界では「ワイヤーアクション」と言うようだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。