• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
【酒好きに朗報】宇宙はラム酒で満ちていたことが判明! 10億年間毎日飲んでOK「超巨大アルコール雲」とは?の画像1
画像は「Gizmodo」より引用

 地球から1万光年離れた宇宙の彼方にラム酒の香りとラズベリーの味がする「超巨大アルコール雲」が存在することをご存知だろうか?

 海外サイト「Mental Floss」(2013年6月20日付)によると、1995年にわし座付近で発見された太陽系の直径の1000倍もある巨大な宇宙雲に400×10^24パイント(400パイントは約227リットル)のビールに相当するエチルアルコールが含まれていることが明らかになった。これは地球上全ての人間が毎日17万リットル飲んでも10億年かかるほどの莫大な量のアルコールだという。

 酒好きにはたまらない話だが、この雲は地球から58×10^24マイル(58マイルは約93km)も離れている上、二酸化炭素、アンモニア、水素、シアン化物など32もの化合物が含まれており、残念だがとてもそのままでは飲めたものではない。

 このようなアルコール雲は星の誕生に伴って形成されるため、巨大惑星の誕生の秘密を解き明かす鍵になると天文学者らは考えているという。さらに、アメリカ国立電波天文台のバリー・ターナー氏によると、星だけでなく生命誕生の謎を探る上でもアルコール雲の存在は重要とのことだ。

コメント

2:匿名2018年6月26日 13:53 | 返信

毎日17万リットル飲んでも10億年… ってwww
水10リットルでもきついわwww

1:トランプ大統領2018年6月26日 01:17 | 返信

酒なんか飲まないので、必要ない。
匂いがキツイし酔って動きが悪くなるだけだろう。
何が楽しくて飲むのか理解しがたい。
それより、その酒が大好きな奴をアルコール漬けにして火をつけた方が余程いいぞ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。