• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 Wi-Fiの電磁波を浴び続けると重篤な健康被害が生じるのか? 日本では、東京オリンピックを前に街のフリーWi-Fi化が加速しているが、世界に目を向けると「行き過ぎたWi-Fi使用」に警鐘を鳴らす動きが目立ってきている。


■ヨーロッパでフリーWi-Fi規制の動き

 陸続きのヨーロッパの国々ではフリーWi-Fiはあって当然だったものの、次第に保育所や小学校でWi-Fiのスイッチを切ることが推奨される風潮に変化している。フランスでは3年前、ついに児童施設でのWi-Fi使用を禁止する法案が可決・成立した。

5ghealthcConcerns1.JPG
 「Collective Evolution」の記事より

 その結果、情報戦略も徹底的に行うことになり、例えば、幼児に携帯を向けている広告も禁止するなど細かい規制を敷くようになった。いずれも理由は、Wi-Fiの長期使用による健康被害を懸念してのことだという。

 こうしたWi-Fi規制の動きは徐々に広がりを見せ、今ではベルギー、スペイン、イスラエル、オーストラリア、イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、インド、フィンランド、キプロスなども追随している。

 一方、IT国家のエストニアや、IT産業の総本山、シリコンバレーを擁すアメリカには、当然このような規制はない。国の産業発展のために国民は健康を諦めろというつもりなのか、Wi-Fiが人体に悪いとの“迷信”を鵜呑みにする必要もないというスタンスなのか、真相は定かではないが、興味深い傾向を示している。

 マイクロ波放射が生殖系に損傷を与えるとの調査報告は、これまでにもいくつか発表されてきた。電磁波をできるだけ避ける生活をしている妊婦が一定数いるのも、健康を気にしてのことだ。

 Babysafe Projectというホームページでは、妊婦をWi-Fiにさらさないための5か条まで明記されており、「携帯をポケットに入れない」などと注意喚起していることからもわかる通り、電磁波と胎児の関係は世界のあちこちで懸念されている。

関連キーワード

5G
IT

コメント

8:匿名2018年7月13日 20:40 | 返信

日本では放射能汚染から怪獣ゴジラが生まれた。
時代が進んでメカゴジラになって、
次世代は、5G等(ゴジーラ)の誕生だ。

7:匿名2018年7月13日 20:36 | 返信

AIに仕事がとられて、何もすることがない無駄な人間を削減するために有効な5G。
日本では大歓迎なんだろう。

6:なんだかんだ2018年7月13日 01:08 | 返信

電磁波は浴びないほうが良い。電磁波を受け続けると女ばかりが生まれるっていうのって、そもそもメスのほうが存命率が高い生き物だから、生物学的にセンシティブなオスは生存しにくくて、結果的にメスが生まれるってことなのだろうな。パイロットやテレビ局員(とくにカメラマンや編集マン)なんかの子供は女が多いっていうし。電磁波との因果関係はモロにありうる。

5:匿名2018年7月11日 02:21 | 返信

電磁波だけじゃない
植物の種の研究家が
植物の品種改良やホルモン剤が開発され
種の出来ない野菜や果物が 大量生産されるようになってから
不妊が増えたと言ってたな
最近のyahooの記事にも 
ナッツ類を食べると不妊に効くかも という説が出てたぞ
種には 大事な何かの力がありそうだ

4:匿名2018年7月 9日 22:59 | 返信

長いスパンで使い続ければ、子孫たちがこんな危険なものは禁止にするってしてくれるさ。
それまで長年の仕様で悪影響がどれだけ人の体を壊すか? 
後世にデータを残す、実験期間みたいなものだね。

3:匿名2018年7月 9日 19:07 | 返信

しんじ、ポテトチップス食べてる?w ポテトチップス食べると落ち着くでしょ?ww 何でだと思う?(笑)

2:匿名(こうやに捧げる文)2018年7月 9日 14:29 | 返信

低落なSEXや麻薬では何も生まれない。電磁波で体内に悪影響があるのならこの先は間違いなく人類は増えないだろうと思う。自分は一年のうちに旅行には二回くらい行く。ほとんどネットをしないが地図や現地の詳しい内容を知りたい時は駅の回線を使う。すでにこうしたインフラがあるから廃止は無理だろうと思う。

1:匿名2018年7月 9日 12:18 | 返信

よく電柱の近くに住む住人は、癌などの健康被害を被るって聞いたことがあるからね、
あるだろうね影響。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。