• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

・シリーズ一覧はこちら

91woS3I6SYL._SL1500_.jpg
エスター [DVD]』ワーナー・ホーム・ビデオ

『エスター』
2009年・アメリカ
監督/ジャウム・コレット=セラ
出演/ヴェラ・ファーミガ、イザベル・ファーマンほか

 これまで当コラムでは、『無邪気な悪魔におもちゃが8つ』『ザ・チャイルド』『アリス・スウィート・アリス』と、子どもの殺人をテーマにした作品をいくつか紹介してきたが、日本では企画も通らないだろう。そんなことを踏まえて今回は、観た者すべてが嫌悪感と不快感を催した21世紀最悪のチャイルド・サイコ・ホラーをお送りしたい。キャッチコピーは「この娘、どこか変だ」

 音楽教師ケイト(ヴェラ・ファーミガ)は、3人目の子を死産しアルコール依存症となり、精神医のカウンセリングを受けていた。ケイトの症状を緩和させるため、夫婦は聖マリア女子孤児院で出会った9歳の少女エスター(イザベル・ファーマン)を養子に迎える。

 夫妻の実子は、長男ダニエル(11歳前後)と聾学校に通う娘のマックス(7歳前後)。エスターは新しい家庭に溶け込もうとするが、どこか変。ロシア出身だというエスターは礼儀正しく賢そうだが、人前では首と手首に巻いたリボンを絶対に外さず、入浴時は施錠してケイトとマックスにも着替えを見せない。

 その晩、寝室で夫婦の営みが始まると、自室にいたエスターが鋭い勘でそれを察し、ケイトが夫ジョンのナニをパクッとした瞬間、ピクッと反応する(笑)。この作品は超能力モノではないが、この演出は何? やがて盛り上がっている最中に寝室をノックされ、慌てて中断する夫婦。「眠れないの」とエスターは、ジョンの背中にしがみ付いて寝る(ここ伏線)

<次のページからネタバレあり注意!>

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年8月 5日 08:02 | 返信

これ見た。面白かった。
この女優さんの演技力もスゴいと思ったがラストもスゴかった。
今は移民の年齢を誤魔化して入国する人々が問題になってるけど、2009年にこのオチを思い付いたのは素直にスゴいと思う。

6:匿名2018年8月 4日 23:22 | 返信

そういうシーンばっかり強調してるけど、本作は結構面白いよ。
これの劣化版が香港のアーロン・クォックの「殺人犯」なんだけど、トリックやら動機やら悪役の容姿やら、クォリティーは「エスター」の方が上。
「オーメン」とはジャンルも題材も全然違う。ダミアンは悪魔の子で宗教がベースだけど、本作は、容姿が成長しないという特徴を持つ病気のオバサンが、その病気故に悪魔のような歪んだ性根のシリアルキラーになった、というお話。

5:匿名2018年8月 4日 20:25 | 返信

なぜ今更この映画?

4:匿名2018年8月 4日 20:13 | 返信

早い話、オーメンのダミアンを女の子に置き換えただけだろ

3:匿名2018年8月 4日 19:58 | 返信

何も不快になるような内容でない気がしますけど、シナリオ内容がお粗末で不快の前に面白いのか? 実に疑問。性の事ばかり描写するスプラッター三流映画の匂いがします。
昼間のチャンネルで流すようなB級映画ぽい。

2:匿名2018年8月 4日 16:15 | 返信

 復縁した元カノとのSEXは過去の交際時よりもお互い秘めていたエロさ全開

1:匿名2018年8月 4日 14:43 | 返信

なにこの小学生の読書感想文みたいなストーリー書いただけのレビューは?
エスターはボーダー(境界例)を誇張して味付けしたもの。ちなみに重度のボーダーはもっと深刻に周囲の脅威となる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。