死んだまま生きた17歳の少女 ― コタール症候群の悪夢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死んだまま生きた17歳の少女 ― コタール症候群の悪夢
「死んだまま生きるなんて、今までで一番ヤバイ経験でした――」(英紙「Mirror」より) そう話すのは、アメリカ・アラバマ州に住むハリー・スミスさん17歳だ。多感な10代の3年間を「自分は死んでいる」と思い込む超レアな奇病とともに生きてきた。■“歩く死体”になるコタール症候群とは? コタール症候群、またの名は「歩く死体症候群」。この病は、1880年にフランス人神経学者のジュール・...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア