村上春樹の最新作『騎士団長殺し』の内容を複数の霊能者が“霊視”! エロ描写がなく、ノーベル賞の呪縛から解かれた傑作の可能性!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
村上春樹の最新作『騎士団長殺し』の内容を複数の霊能者が“霊視”! エロ描写がなく、ノーベル賞の呪縛から解かれた傑作の可能性!?
 現代日本を代表する作家の一人であり、世界的にも熱烈なファンをもつ村上春樹氏の最新作が今月24日に発売される。大注目のタイトルは、ズバリ『騎士団長殺し』(新潮社)。「第1部 顕れるイデア編」と「第2部 遷ろうメタファー編」からなる長編小説だ。 しかし、(毎度のことながら)発売日まで新作のテーマや内容は、まったく外部に漏れ伝わってこない。そのため、世界のハルキスト(村上春樹ファン)たちは、本...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら