真っ赤なビームで地球が攻撃されている!? 国際宇宙ステーションがUFO激写!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

 国際宇宙ステーション(ISS)にはNASAのカメラが設置されており、誰もがインターネットを通して現在の地球の姿を眺めることができる。そして稀に、その映像に謎の物体が写り込んだとして「UFOではないか」と騒がれるわけだが、残念ながら多くの場合、レンズフレアや単なる映像の乱れであることが多い。しかし今回はスゴかった! もはや説明する言葉さえ見つからない、若田さんもびっくり(?)の光景が捉えられていたのだ。

動画は「YouTube」より

 宇宙空間に浮かぶ、赤くて丸い謎の光。そこから地球に向かって、真っ直ぐに赤いビームが発射されている! もしもこれがレンズフレアであれば、赤いビーム部分はもっと画面下方まで伸びていてもおかしくないはずだ。

 今月5日、コンピュータの画面を通して偶然にもこの光景を目撃してしまったユーザーは、すぐにスクリーンをキャプチャ、YouTubeで公開したのだった。これを受け、UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、自身のサイト上で見解を発表。「これまでにも国際宇宙ステーションで赤いUFOが目撃されているが、今回のようにビームを発射している様子が激写されたのは初めてだ」「問題は、これは一体どのようなビームだったのか、そして我々にとって懸念すべきものかどうかだ」としている。

「船内にいる誰かのレーザーポインターだよ」
「この前、ライブ中継で青いバージョンを見たことがある」
「いや、これは地上からレーザーを発している可能性だってあるだろ?」

など、動画には世界中から様々なコメントが寄せられ、議論も沸騰中だ。さて、あなたの見解はどうだろう。ちなみに、以下が国際宇宙ステーションからのライブ配信映像である。いつかあなたも、在宅UFOウォッチャーとして不思議な光景に遭遇できるかも?
(編集部)

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

関連キーワード

コメント

2:Fujimoto 2014年12月13日 10:09 | 返信

これは地上局と光通信実験を行うためのOPALS (Optical PAyload for Lasercomm Science)からレーザー光を発射した時の映像です。謎でもなんでもなく、きちんと説明できるものです。

1:匿名 2014年12月11日 14:32 | 返信

フレアでしょ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。