【恐怖】アパートの壁から流れる「血」!! “トラウマもの”の真相とは!?=米

関連キーワード:

,

,

,

,

 部屋の壁から滲み出る、真っ赤な“血”――。映画『悪魔の棲む家』(1979年)やスティーブン・キングの小説『一四〇八号室』など、海外ホラー作品ではお馴染みの光景だ。今、この悪夢のような現象が実際に起き、しかも戦慄の結末を迎えたとして米国メディアが沸いている。早速詳細についてお伝えしよう。

【恐怖】アパートの壁から流れる「血」!! トラウマものの真相とは!?=米の画像1画像は「KOCO」より引用

 事件は、オクラホマ州ミッドウエストシティ郊外にあるアパートの一室で発生した。地元ニュースチャンネル「KOCO」の報道によると、入居者であるトーマス・ケネディさん一家が、自宅の壁にできた不思議な模様を見つけたのは、先月末のことだった。

「まず一番下の息子が、キッチンのスパイス棚近くの壁に、赤茶色の縞模様ができていることに気づいたんです」(トーマスさん)

 それが何かわからないものの、彼はすぐにスポンジを持ち出して拭き取ることにした。

「しかし拭いたそばから、どんどん赤いものが流れ続けるのです」(トーマスさん)

 まさか、これは何かの“血”ではないのか――!? 恐れを抱いたトーマスさんは、地元の警察署に通報、すぐに捜査官たちがやって来た。そして一家の嫌な予感は的中してしまう。壁から流れ出ていたのは、なんと人間の血だったのだ。

 アパートの上階に向かった捜査官たちは、パックリ割れた頭から大量の血を流して死亡した“ご近所さん”の遺体を発見。そう、この血が天井裏や壁をつたって、トーマスさんのキッチンの壁から滲み出ていたというわけだ。警察の説明によると、ご近所さんの死因は、不幸にも高い場所から落下して頭を強く打ち付けたことによるものであり、犯罪の可能性はないという。

 その後、バイオハザード対策班まで出動し、天井裏や壁は徹底的に清掃されたものの、トーマスさん一家は同じアパートの別の部屋に引っ越した模様。今回のような事件は、誰にとっても間違いなく“トラウマもの”だろう。ご近所さんの冥福を祈るとともに、一家が受けた精神的ダメージが気になるところだ。
(編集部)

参考:「KOCO」、「The Daily Mail」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【恐怖】アパートの壁から流れる「血」!! “トラウマもの”の真相とは!?=米のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル