白内障が“手術なし”で治る時代へ!! 「ラノステロール」点眼薬がカギだった!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

 年齢を重ねるにつれて多くの人が発症する目の疾患、それが「白内障」だ。水晶体を構成するタンパク質に変異が起こり、白く濁ることで、視界がかすんだりモノがぼやけて見えるようになる。いまだ根本的な原因は解明されておらず、治療法はもっぱら手術のみ――のはずだったが、ついにそのような状況を大きく変えることになる革命的発見がなされたという!!

NewEyeDrops.jpg画像は「Wikipedia」より

 今月22日、学術誌「ネイチャー」上で驚くべき成果を発表したのは、米・カリフォルニア大学サンディエゴ校の分子生物学者リン・ザオ博士や、中国・中山大学の科学者たちからなる研究グループだ。彼らは、白内障の発症が、動物の体内で合成されるステロイドの一種である「ラノステロール」と深く関係していることを初めて突き止めた。

 研究グループが今回の発見に至るキッカケを与えてくれたのは、先天性白内障患者である中国人のきょうだいだった。検査によって、きょうだいの遺伝子にはラノステロールの生成を阻害する変異がみられることが判明。彼らの両親にそのような変異は見られず、白内障も発症していなかったことから、ラノステロールには白内障の発生を防ぐ効果があるように思われた。

 そして研究グループは、ラノステロールを主成分とする点眼薬を作成、献眼された人間の眼球・白内障のウサギ(13匹)・白内障の犬(7匹)にそれぞれ投与し、効果の程を確かめたのだった。すると、人間の眼球では白内障が溶けるようにして小さくなり、ウサギでは11匹に症状改善や完治(6日後)、さらに犬でも完治を含めた好ましい効果を発揮したという。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

2:匿名 2015年10月10日 12:10 | 返信

ラノストロールは水溶性ステロイド物質で驚きもしません。それよりも予防に必要なのはジアキサンチンであって体内摂取で~(゜∇^d)!!す。
それも天然成分でないと怖いですね~(;´д`)

1:オバチャン 2015年7月30日 16:39 | 返信

私のお祖母ちゃんも白内障の手術を受けた明治の人でしたが
全てが見えるようになるわけではない、手元しか見えない手術だったようです。
早く点眼薬だけで治せる日が来ると良いです。
引き続き老化に伴う病気の先端医療の記事をお願いします。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。