人間にそっくりな宇宙人「ジャノス人」の特徴とは?1,000万人が宇宙難民として地球に来ている可能性も?

 バルタン星人が初めてブラウン管に登場したのは、昭和41年7月10日に放映された「ウルトラマン前夜祭」であった。2週間後の第二話「侵略者を撃て」では、ウルトラマンや科学特捜隊とバルタン星人の本格的な対決が見られた。大きなハサミ状の前腕と「フォッフォッフォ」という独特の笑い声は、見る人に強烈なインパクトを与え、たちまち人気怪獣となった。バルタン星人は、その後もシリーズ中に何度も登場し、長くウルトラ兄弟の宿敵ともいうべき存在だった。

 このバルタン星人、故郷の星が、狂った科学者の核実験で破壊され、宇宙をさまよっているうちに地球に辿り着いたという設定になっている。そして続くシリーズ「ウルトラセブン」でも、やはり故郷の星を失い、巨大な人工都市を作って宇宙を放浪しているペガッサ星人という宇宙人が登場している。実は現実に報告されているUFO事件にも、こうしたバルタン星人やペガッサ星人に似た境遇の宇宙人が登場しているのだ。


■人間と宇宙難民「ジャノス人」の邂逅

 宇宙難民とも言うべき宇宙人「ジャノス人」が登場したのは、イギリスのオックスフォードシャーで起きた、一見典型的なアブダクション事件であった。

 1978年6月19日の夜、ジョンとグロリアという夫婦、その子どもナターシャとタニヤ、さらにジョンの妹フランシス(いずれも仮名)は、親戚の葬儀からの帰途にあった。途中、彼らは上空に何か白く光る物体を見た。大人たちが覚えていたのは、一度車を停めてそれを観測しようとしたが、物体が降下してきたのですぐに車に戻り、運転を再開したことだ。

 ところがその時、奇妙なことが起きた。彼らが運転していたのは何度も通ったことのある道路だったが、なぜか周囲に見知らぬ光景が広がっていた。さらに、本来まっすぐな道路が何度も左右にうねり、上り下りも多かった。そして、白い光は途中まで彼らを追って来ると、いつのまにか消えた。8時20分には自宅に着くはずだったが、実際に戻ることができたのは、深夜12時15分だった。

 それから数日後、ジョンとグロリアとフランシスは、右膝の内側や右足の外側、そして腕などに、何かで圧迫されたような楕円形のあざを見つけ、そこにかゆみを感じた。また1週間後、インフルエンザにかかったジョンは、奇妙な夢を見た。その中で彼は、光の柱の中を上昇して巨大な円盤型物体の中に入り、歯科医が使うような椅子に横たわって検査を受けていた。そして何かがジョンの右足を強く掴んだが、それはあざのある場所と一致した。しかも、時を同じくして妹のフランシスも同じような夢を見始めた。

 ともあれ、一家は揃って退行催眠を受けることになり、その結果、事件のあらましが浮かび上がってきた。そして一家を円盤内に連れ込んだのが、故郷を失った宇宙人「ジャノス人」であることも判明するのだ。

人間にそっくりな宇宙人「ジャノス人」の特徴とは?1,000万人が宇宙難民として地球に来ている可能性も?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル