部位切断、呪い、屋敷での惨劇、廃病院…… ゲーマーも慄くホラーゲーム5作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

●『廃病院とガスマスク』(ふりーむ!)

 真っ暗な病院の中を、小さなライトの明かりだけを頼りに探索するアドベンチャーゲーム『廃病院とガスマスク』。短時間でクリアできるボリュームながら、映像と音声によるホラー演出が豊富に用意され、「第8回 ふりーむ! ゲームコンテスト脱出アドベンチャー部門」金賞を受賞した。「ホラーな雰囲気がとてもいい。そして、幼女は怖い」「世界観とオチが好きだ」「恐怖描写によってかなりの緊迫感がある」など、プレイヤーからの評価も高い。無料ゲーム、やって損なし。

1512_horage_04.jpg画像は、「YouTube」より
動画は、「YouTube」より


●『ナナシ ノ ゲエム』(スクウェア・エニックス)
「プレイすると一週間以内に死ぬ」とウワサされる呪いのゲームにハマッた先輩が、キャンパスに姿を見せなくなった。心配になった主人公は、先輩宅を訪れるのだが、そこには想像を絶する光景と、身の毛もよだつ現象が。そして、遂には主人公の携帯ゲーム機に、呪いのゲームが配信され……と物語が始まる『ナナシ ノ ゲエム』。ヘッドフォンを装着してプレイすれば恐怖倍増。スクウェア・エニックスにしては珍しく、開発者を匿名にしているようだ。もしや、プレイして死んだのか!?

1512_horage_05.jpgナナシ ノ ゲエム』(スクウェア・エニックス)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。