サンタクロースは女神だった?悲しくも消されたクリスマスの女性史7

■クリスマスの女神6〜7 「イナンナとニケ」ツリーとともに消えた女性史

 クリスマスの象徴ともいっていい存在のクリスマスツリー。キリスト教徒でなくてもさまざまな飾りをつけライトアップを楽しむのは世界共通のことです。ではなぜ世界共通なのでしょう?ブリタニカ百科事典にはこう記されています。

永遠の​​命を象徴する常緑樹や花輪は元来、古代エジプト、中国、ヘブライ人の習慣であった。ツリー崇拝は異教徒のものであり、キリスト教はそれを受け入れることによって生き延びることができた」

 たしかに今でも、クリスマスツリーにエジプトではヤシ、ローマではモミの木が使われます。

 古代エジプト人は1年を通じて死に打ち勝ったことを「生、勝利のシンボル」である緑のヤシの木を家に飾ることで喜びを表現しました。また、モミの木は、愛、多産、および戦争の女神である「イシュタル」から「イナンナ」や「ニケ」といった女神に捧げられたと伝えられています。

 そして現在多く見られるクリスマスツリーは初期のユダヤ教にルーツを持っています。しかしそういった話も、「Mothers’ Night」同様歴史の闇に葬られてしまったのです。多くの女性が関わってきたクリスマスですが、そのことはいつの間にか無かったことのように扱われているのです。


 歴史(history)をもじって女性史は「Herstory」と呼ばれることもあります。最近ではサンタクロースの格好をした女性がイベントなどで騒いでいる様子を見かけますが、歴史上クリスマスはもともと女神信仰の日だったとは意外な話です。本来、クリスマスは女性のためのイベントであったわけです。今あるクリスマスというものが形成されるにあたって消されていった女性の歴史、こういうことがあるということを知った上で今年も楽しくクリスマスを楽しみたいですね。

(アナザー茂)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

サンタクロースは女神だった?悲しくも消されたクリスマスの女性史7のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル