【怪しい実験室】指先からほとばしる電撃はまるでスター・ウォーズ!! テスラコイルを使えばあなたもフォースの使い手に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

●テスラコイルの簡単な原理

1225tesuracoil03.jpg

 テスラコイルは回路図にあるコイルと放電電極となるトロイドからなるLC共振回路だ。トロイド成分とは、静電気を蓄えるような性質を持つ成分を指す。専門用語では静電容量といわれている。今回の装置では、このトロイド成分を持つ物体を人間に置き換えよう。また、人間は仕草によって静電容量が変化してしまうためパラメーターを自動追尾するような仕掛けが理想的だ。このような場合に半導体式のテスラコイルが大変有利となる。

●実際に実験してみる

 雷などの放電現象は尖った箇所から発生する性質を持っている。そのため、放電ポイントを頭より低くすると髪の毛から放電し、発火する危険がある。したがって、放電ポイントは指先など、頭よりも高く上げやすい部位にしたほうがいいだろう。

1225tesuracoil02.jpg

●安全性

 テスラコイルは高周波振動を利用した超高電圧発生装置である。高周波は人間の体の表面しか通らないため体内には入らず、放電の瞬間に少しピリっとくる刺激がある程度だ。ただし、長時間放電したり、連続して放電したりすると放出する部位が熱せられ、火傷を起こしてしまうことがあるので注意が必要だ。

 体から放電が発生するのは見た目に非常にインパクトがある。安全性を確保した上で実験してもらいたい。

(※本記事を参考にして生じたトラブルや問題について、編集部は一切の責任を負いません)
(文=POKA)

金曜日のアヤシイ実験室!! バックナンバーはこちらから

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。