幽体離脱、身体浄化… 日本の魔女がモロッコで体験した“神秘”がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

,

Morocco.jpg写真=深月ユリア

 魔女である筆者は、スピリチュアルな体験と霊性の向上を求めて、しばしば海外のパワースポットを取材旅行している。つい先日は、アフリカのモロッコに8日間滞在してきた。モロッコは、映画の舞台として有名になったカサブランカのようなお洒落な街のみならず、すべての建物が蒼色に染まった街シャンウェン、ピンクの街マラケシュ、そして言わずと知れたサハラ砂漠など、さまざまな顔を持つ国である。ワクワクしながら意気揚々と乗り込んだ筆者だったが――図らずも、不思議な体験に2度も見舞われることとなってしまったので、詳細を報告しよう。


■砂漠は最強のパワースポット!

Morocco_2.jpgモロッコ料理(撮影=深月ユリア)

 モロッコへは、ドーハで乗り継ぎ、ほぼ1日の移動時間をかけて到着した。その疲れもあったのか定かではないが、筆者は到着早々に胃を壊してしまった。魔女である筆者は、そもそも魚は食べても肉を口にしないベジタリアンに近い食生活を送っている。しかし、モロッコ料理はサワークリームを大量に使ったスープやチキンなどの肉類が多かったことも理由のひとつだろう。

 いずれにしても、いまいましい胃痛を我慢して各地を巡ることを余儀なくされていたのだが、ここで1つ目の不思議が起きた。なんと、サハラ砂漠で、ピタリと胃痛が治ってしまったのだ。その時、筆者はラクダに乗って朝日を鑑賞していたのだが、太陽が昇りはじめると次第にとてつもないヒーリングエネルギーを感じ、“悪いもの”が祓われると同時に心身ともに力がみなぎってきた。

Morocco_3.jpg撮影=深月ユリア

 日頃から除霊・浄霊を執り行う際、筆者は日の出のタイミングを見計らってきた。というのも、その時間帯は自動車や電車などの騒音や人通りが少ないため雑念が入りにくく、太陽からのエネルギーで霊も浄化されやすいためだ。

 つまり、そのような太陽のパワーと、砂漠のような“無の空間”にある強烈な「浄化エネルギー」を同時に全身で受け止めたことが体に好影響をもたらしたのだろう。古代から砂漠には神々が住むと考えられており、世界最古のオリエント文明も砂漠で誕生した。砂漠とは、すべての人々にとって“最強のパワースポット”に相違ないのである。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2018年10月20日 08:58 | 返信

テロや犯罪に遭わずに帰国できて何より。
行ってみたいけど、国際情勢と治安が躊躇させる地域だよね。

ホテルの翌日はどうしたんだろう。
いくら知識や能力があっても、
そもそも鏡に布をかけられたら問題ないし、一番 安全な訳だよね。
(無駄にエネルギー使わなくて良いんだし。)
何事もなかったようだけど、ちゃんとバスタオルでもかけたかな?
鏡がなくても、繊細な人が疲労すると色々起きるだろうからお大事に。

5:匿名 2016年2月8日 12:00 | 返信

ふつくしい・・・・

4:匿名 2016年2月8日 10:10 | 返信

綺麗だ

3:匿名 2016年2月7日 23:36 | 返信

キチ?

2:匿名 2016年2月7日 20:12 | 返信

出たよ魔女www

1:匿名 2016年2月7日 18:25 | 返信

ハイハイ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。