155年前のネズミ捕りにつかまって死んだ世界一残念なネズミ! 不運を称えて剥製化の予定も

関連キーワード:

,

,

,

,

 作物を食い荒らし、病原体を媒介する衛生害獣として古くから忌み嫌われていたネズミだが、世界のあらゆる場所に生息し、そのすさまじい繁殖力で現在もその害獣ぶりを遺憾なく発揮している。そんな嫌われものだが、イギリスのある一匹の不運なネズミについて2月4日付の英紙「Daily Mail」が報じている。


■不運にも程がある!! こんな場所でこんな罠にかかったネズミ

 イギリス南東部、バークシャー州にあるレディング大学内の「Museum of English Rural Life」は田園の暮らしや農業にまつわる2万2千点の展示物を所有している小ぢんまりとした博物館だ。展示品の中には200年前の物もあり、観光スポットとして多くの人に愛されている場所である。

unluckiestmouse1.JPG「どうだ! まだまだ現役!」という声が聞こえてきそうである 画像は「Above Science」より

 ある朝、博物館に出勤した職員がメールを確認すると「展示品ではないネズミ捕り器に、ネズミがかかって死んでいる」と困惑気味の助手からメールが届いていたのだ。

 それもそのはず、職員たちが見たものはヴィクトリア女王がイギリスを統治していた時代(1837-1901年)に作られたネズミ捕りにかかったネズミの死体だったのだ。しかもそのネズミ捕り器は、展示されていたわけではなく、保管場所のガラスケース内の棚に収納されており、オトリとなる餌もなく、ただホコリにまみれていたのだという。

 セキュリティ完備の館内と職員たちの目をすり抜け、重いドアをものともせず、ネズミが好んでかじりそうな布地やその他の展示品には目もくれずにガラスケースをよじ登ってたどり着いたのは、天敵であるはずのネズミ捕り器だったのだ。

人気連載
実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく世の中には、...

人気連載
あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

■あなたと感情 「ある女神が、“周囲には秘密にしているス...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ