世界滅亡後にスーパーマーケットの物資だけで何年生きられる? 衝撃の試算結果

 もしも人類が滅亡し、地球上に自分1人だけが取り残されたらあなたはどうするだろうか。そして今ある物でいったい、どれだけ生き延びることができるのだろうか。2月22日付、イギリスの「ITV News」サイトが興味深い調査の結果を報じている。


■無傷のスーパーマーケットの食糧で何年生きられる?

 大地震や津波、ハリケーンなどの自然災害、あるいは内戦や無差別テロなどの人災と、現代に生きる私たちは、常に危険と隣り合わせである。

世界滅亡後にスーパーマーケットの物資だけで何年生きられる? 衝撃の試算結果の画像1撮影=清水ミロ

 ここ数十年は核関連事故の発生などもあり、それらをモチーフに人類滅亡をテーマにした小説や映画も数多く世に出ている。それだけ人々が文明や我々人類に危機感を抱いているということだろうか。

 ロンドン在住の宇宙生物学者であり作家でもあるルイス・ダートネル博士は、大災害、または人類滅亡につながる不測の事態が起きた時、イギリスの一般的な大型スーパーマーケットに行けば成人1人が約55年生活できる程度の水と食料があると語る。

 ダートネル博士は今月16日から19日にかけてイギリスのバーミンガムで行われる、科学技術者を目指す若い世代のためのイベントる「The Big Bang UK Young Scientists and Engineers Fair」(ビッグバンUK)への出席を控え、イギリス国民と国そのものが人類滅亡などの世界の終末に直面したと仮定し、その状況下でどのように生き延びることができるかを調査した。その結果、人口の約3分の1に当たる36%が非常事態に備えて防災グッズの入ったバッグ「グラッブ・バッグ(Grab-Bag)」を常備していることもわかった。

■非常事態発生! 真っ先に手にする物は!?

 では人々は非常事態に直面した際、何を手に取るのだろうか。ダートネル博士の調査によると、自宅を出なくてはならない場合には、食料(61%)、常備薬を含む医薬品(53%)、携帯電話(47%)を手にすると多くの人が答えた。また少数派の意見としてはマッチ(22%)、飲料水を確保するためのボトル容器(10%)も見られた。

 ダートネル博士は「私たちは大災害などが起こる可能性などを四六時中心配するべきではありません。しかし現在私たちが個々に、またひとつの社会としてどのような状況にあり、何をどのように備えておくのかを記録しておくことは必要かもしれませんね」と言う。

 人間の生存本能は非常に強い。しかし大災害などに襲われた時に本当に大切な物に焦点を合わせることが出来なければ生存、またその先の復興はスムーズには進まない。私たち日本人が防災訓練で机の下に潜って地震が収まるまで待つ訓練や、火事の際の避難の仕方を覚えたのと同様に、欧米では旧ソ連から核ミサイル攻撃に備えて机の下で身を守る「ダック・アンド・カバー(duck and cover)」という訓練を1950年代に実施していた。しかしダートネル博士は「国はダック・アンド・カバーよりも、どのように大災害に立ち向かい、復興を進めていくのかを学ぶべきですね」と述べている。

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

世界滅亡後に生き残った者がすべきこととは?

世界滅亡後にスーパーマーケットの物資だけで何年生きられる? 衝撃の試算結果のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで