太陽は宇宙人によって火力調整されていた!? 太陽のまわりをうろつく超巨大UFOが確認される

関連キーワード:

,

,

,

,

■地球に匹敵する大きさのUFO

0307sun_hon5.jpg左下に木星、その下に地球、画像は「Wikipedia」より引用

 超巨大UFOといっても“点”じゃないか、と思ってはいけない。太陽がとてつもなく大きいため、小さく見えるが、太陽と木星と地球の大きさを比べた画像を見てもらえばわかる通り、地球を太陽の横に描写するとほぼ点になってしまうのである。

 つまり、今回の動画に映っている超巨大UFOはそれぞれが地球に匹敵する大きさだということだ。もはやUFOというよりも、文字通り「宇宙船地球号」的に天体を利用しているように思える。


 実は最近、太陽系内の別の場所でも超巨大UFOとみられる物体が目撃されている。2月に、米国の民間UFO研究班「Secure Team」が投稿した動画では、木星の近くに巨大なUFOが訪れている様子が確認できる。なぜ木星の周辺に来たのかはわからないが、彼らの基地のようなものが付近にあるとも考えられる。

0307sun_hon3.jpgエウロパ、画像は「Wikipedia」より引用

 木星には67個の衛星があるが、そのひとつである「エウロパ」は氷で覆われており、内部に生命がいる可能性も示唆されている。もしかしたら超巨大UFOの基地が、エウロパの内部にあるのかもしれない。

 先述のウェアリング氏は、「彼らが出力調整を失敗して、地球を丸焼きにしないことを祈るばかり」と話し、太陽が宇宙人にコントロールされていることについて心配していたが、もし彼らの目的が、地球よりはるかに太陽から遠いエウロパの氷を溶かそうというものであるならば、近いうちに地球は炎に包まれてしまうかもしれない。

動画は「YouTube」より引用
動画は「YouTube」より引用

参考リンク:「DailyMail」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ