長い鼻、緑色に光る眼、ヌルヌルした体… 地球最古の魚「ロングノーズ・キマイラ」が不気味すぎる!

 地球上に生命が誕生してから40億年。絶滅や進化、退化を経て現在の生態系があるわけだが、この地球にはまだ見たこともない、または日頃めったにお目にかかれない生物が多く存在している。今回は3月7日付の英「Daily Mail」で報じられている摩訶不思議な生物の姿や生態を一例ご紹介したい。


■何コレ!? 誰もがおののく奇妙な姿の生物とは!?

 ギリシャ神話に登場するライオンと蛇とヤギのハイブリッドという幻の生物、キマイラ(キメラ)をご存知だろうか。近年ではさまざまな動物の交配が人工的に行われ、不思議な見た目の生物を目にすることも珍しくなくなってきているが、ではこの生物はいかがだろうか?

長い鼻、緑色に光る眼、ヌルヌルした体… 地球最古の魚「ロングノーズ・キマイラ」が不気味すぎる!の画像1とにかく、とにかく見た目のインパクトが凄い!! 「Daily Mail」の記事より

 この、世にも奇妙な生物が捕らえられたのは、カナダのニューファンドランド島南部に位置するグランドバンクスという漁場だ。この生物を引き上げたスコット・タナーさんはカナダ東部の港町ルーネンバーグ在住の漁師で、タラや鮭などを捕る漁の最中に網にかかっていたところを見つけたという。

 地元メディアがタナーさんに取材した際、「海からはたくさんの奇妙な物が見つかるけど、これはその中でも珍しく、ほとんどの人は見たことがないだろうと思いました」と語った。不気味な見た目のこの生物は「ロングノーズ・キマイラ(別名ゴースト・シャーク)」と呼ばれる生物で、北大西洋の水中に棲む三種のキマイラの中の一種なのだという。

 悪夢から抜け出してきたかのようなその姿は、くちばしにも見える長い鼻のようなものを持ち、緑色に光るビーズのような眼球や胸の辺りから生えているヒレがまるで鳥の羽のように見えるさまは何とも不気味だ。体の表面はスライムのようにヌルヌルしており、体全体が軟骨で覆われているというのも見た目の奇妙さに拍車をかけている。このロングノーズ・キマイラは4億年前にサメから枝分かれしたとされており、地球上で最も古い魚類なのだ。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

長い鼻、緑色に光る眼、ヌルヌルした体… 地球最古の魚「ロングノーズ・キマイラ」が不気味すぎる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル