【心霊写真】溺死した少女霊か!? テディベアを抱いた“透明な少女”がクッキリ!!

関連キーワード:

,

,

「フォトボム」とは、誰かが写真を撮ろうとしているとき、わざと後ろや横から顔を覗かせるイタズラだと、以前書いたことがある。そして、ごくたまにではあるが、この世のものでない異形まで写り込んでしまうこともあるらしい。


■微笑ましい家族写真のはずが…

 英紙「Daily Mail」(8月8日付)によれば、リバプールに住むエマ・ジョンソンさん(35歳)が、3人の子どもたちを引き連れ、ニュー・ブライトンの映画館「ライト・シネマ」へ足を運んだときからスリラーは始まったとしている。

 エヴァちゃん(8歳)、ジョージ君(6歳)、そして生後7カ月の末っ子ハーパーちゃんは、ディズニー・ピクサー映画『ファインディング・ドリー』を心から楽しんだという。特にハーパーちゃんにとっては映画館初体験だったため、上映終了後、エマさんは記念撮影をしようと思い立った。8月2日の正午過ぎのことだ。愛くるしく、微笑ましい家族写真――となるはずだったのだが……。

 帰宅後、エマさんは先ほど映画館で撮った写真を眺めた瞬間、恐ろしいことに気づいた。

selfieinacinema1.JPGDaily Mail」の記事より

「私は、末娘の映画館デビューを記念して、家族写真が撮りたかったんです。でも、私は結構人目を気にするたちなので、周りに誰もいなくなったのを確認してから写真を撮ったつもりなんです。しかも、ロビーに出たところで友人にばったり会い、彼女も『後ろの席には誰もいなかった』と証言したんですから。それなのに……」(エマ・ジョンソンさん)

 なんと、彼らから少し離れた後方の席に1人の少女がフードを頭からすっぽり被り座っていたのだ。そして、傍らにはテディベアが寄り添って――。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ