【リオ五輪】観客席ガラガラ、空席率70%! 韓国・平昌冬季五輪は“さらに悲惨”との見通し

rioseats_01.jpg画像は「Daily Mail」より引用

 リオ五輪も最終日まで残り1週間をきり、ますます会場もヒートアップしているかと思いきや、複数の海外大手メディアが競技会場の観客席がガラガラだと報じている。いったいリオ五輪に何が起きているのだろうか?


■空席率70%のオリンピック決勝

 8月14日付の英誌「Daily Mail」によると、リオ五輪のチケットセールスは大会当初から壊滅的だったという。8月5日の開会セレモニーでは1万枚以上のチケットが“当日”まで売れ残っていたそうだ。開会式会場「エスタジオ・ド・マラカナン」の収容人数が約7万8千と多いことも要因の1つと思われるが、それにしても1万枚の売れ残りとは……。

 大会開催後もチケットの売れ行きは伸び悩み、夏季オリンピックの目玉競技である陸上競技の観戦者数は絶望的な数字だという。なんと7日に行われた(女子)七種競技決勝では、5万6千人収容するアリーナの70%は空席だったそうだ。(下記写真)

rioseats_03.jpg画像は「Daily Mail」より引用


rioseats_02.jpg画像は「Daily Mail」より引用

 次に女子砲丸投げ決勝の様子をご覧頂きたい。手前に見えるのは今大会で金メダルを獲得したアメリカのミシェル・カーター選手。問題は奥に見える観客席だ。およそ50%以上は空席ではないだろうか。

rioseats_04.jpg画像は「NPR」より引用

 さらにウサイン・ボルト選手のオリンピック3連覇がかかった男子100m決勝さえ、レース前日にも拘らずチケットが大量に売れ残っていたという。8日にはボルト選手も自身のTwitterで「素晴らしいレースになるから、チケットを買ってくれ」と呼びかけていたが、予選レースでは50%~70%が空席だったそうだ。

rioseats_05.jpg画像は「Daily Mail」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ