戦後日本の“真実の歴史”を語る上で、絶対に知るべき「國體ネットワーク」中心人物5人とは? 落合莞爾インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

落合  平成23年(2011)に京都皇統代から教わったところでは、堀川辰吉郎の薨去を機に大亀和尚に急接近してきたロスチャイルドが、國體ファンドを国際金融連合(ワンワールド・バンカー)のために使用することを要請したところ、大亀和尚は昭和天皇に上申することなく、独断でこれを了承したそうです。

 國體ファンドの利用権は本来國體天皇の専管事項で、堀川辰吉郎が総括していましたが、辰吉郎の薨去によって自分の管轄となったと考えた大亀和尚が、独断でロスチャイルドの要請を容れたことが権限を越えていたのです。

 国際金融連合は横田基地の在日米軍と結託しています。形式的にはアメリカ軍の下部機関とはいえ、東京を完全に軍事支配下に置く米軍横田基地の日本政体に対する影響力を無視することは、國體勢力にとっても得策とは言えません。ゆえに、大亀和尚がロスチャイルドの要請を受け入れようとしたのには、ムリからぬ理由もあるのです。

 ともかく、FRBを通じてこれを耳にされた昭和天皇は、直ちに大亀和尚を遠ざけ、これに代わる人物を「宗教人」の中から選ばれたので、國體ファンドの利用権は結局のところ、ごく一部しか国際金融連合に提供されなかったそうですが、大亀和尚の籠絡に成功したロスチャイルドはそのままでは収まらず、昭和天皇の弟君が国際金融連合と意を通じて大亀和尚を支援する立場をとったそうです。

 結局、京都皇統と国際金融連合の軋轢が生んだ皇室内の対立は、昭和天皇の弟君同士がそれぞれの側に入ることによって表面上収拾し、以後は國體側と政体・国際金融連合側が微妙な均衡を保つこととなりますが、この一件が朝野の各所で亀裂をもたらしたのは当然のことです。

 皇室内部に生じた亀裂は2002年頃に修復されましたが、政体の下級機関や国際金融連合の末端組織はこれを知らされなかったため、彼らから反國體工作を請け負った蒙昧マスコミによる雅子妃殿下バッシングどころか、皇太子ご兄弟の不仲を取り沙汰し、その甚だしきは『新潮45』2013年3月号において、無恥な宗教学者が皇太子殿下に対し公然と退位勧告をするに至る始末です。

 これを「競わず争わず」の行動規範によって放置していた皇室は、平成27(2015)年に至り、ようやくワンワールド各界(王室・宗教・軍事・金融)に対し「完全修復」の趣旨を明確に発信したので事態は変化しましたが、これまで反國體工作を請け負ってきたマスコミや、その下請けの物書きは、梯子を外されたままで、今後も惰性に従う外はないのでしょう。


■皇室はワンワールド各界に「完全修復」の趣旨を発信した?

――「國體勢力が国際金融連合と國體護持勢力に分裂した」とのことですが、國體護持勢力の方はどうなったのでしょう?

落合 わが國體は有史以来、常に海外からの侵略の危機に瀕しています。ことに先次大戦敗戦後の米ソ両極対立構造のもとで、アメリカによる軍事保護国の状態を脱することができず、今日に至りました。

 加盟国は多くとも実質的には米ソを二本柱として成り立ってきた国連は、中国やインドの台頭によって多極化した世界支配構造のもとで今や機能不全が顕わになりました。中国の周辺に位置するカンボジやラオスは、中国の衛星国化のやむなきに陥り、フィリピンやヴェトナムも、国連をアテにしていたら国家独立を維持できなくなります。

 この情勢がわが國體にも影響を及ぼすのは当然ですから、國體護持のために日夜苦労していますが、ここで具体的に述べることではありません。


――「皇室は、2015年に至り、ようやくワンワールド各界(王室・宗教・軍事・金融)に対し「完全修復」の趣旨を明確に発信した」について、もう少し教えてください。

 拝察するに、國體資金をめぐりわが皇室に生じた亀裂は完全に消滅し、皇室は完全に一本化された、ということでしょう。
(聞き手・構成 高橋聖貴)

【第3回は明日配信  http://tocana.jp/2016/09/post_10918.html 】

落合莞爾(おちあい・かんじ)
1941 年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968~69年の『経済白書』の作成に携わる。その後、中途入社第1号として野村証券に入社、商法および証券取引法に精通し、日本初のM&Aを実現する。1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。著書に『先物経済がわかれば本当の経済が見える』(かんき出版)、『天才画家「佐伯祐三」真贋事件の事実』(時事通信社)、『金融ワンワールド』、「落合秘史シリーズ」として『明治維新の極秘計画』『南北朝こそ日本の機密』『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』『京都ウラ天皇と薩長維新政府の暗闘』『欧州王家となった南朝皇統』『ワンワールドと明治日本』(いずれも成甲書房)などがある。
・公式ホームページ http://www.kishu-bunka.org/

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。