北方領土問題「既に二島返還で決定。四島返還は永久にない可能性」政府関係者が衝撃暴露!

関連キーワード:

,

,

北方領土問題「既に二島返還で決定。四島返還は永久にない可能性」政府関係者が衝撃暴露!の画像1画像は「razon.com」より

 60年間決着がつかなかった北方領土問題が、水面下ですでに解決しそうだという。今回トカナ編集部が入手した政府情報筋の情報によると、12月にプーチンが来日した際、歯舞群島と色丹島の「二島返還」が発表される可能性があるとのことだ。

 これはつまり、かねてから「四島返還を求める日本の立場に変わりはない」と主張してきた安倍晋三首相が、ここへきて自らのレガシーのために、支持層である保守をも欺く暴挙に出る可能性があるということにほかならない。この陰謀について詳しい話を聞いた。

「ニュースではあまり報じられていませんが、9月にウラジオストクで行われた日露首脳会談において、『二島返還』で合意したと聞いています。よって早くて12月の会談で新聞に『歯舞・色丹、二島返還』の文字が大きく躍る可能性があるでしょう。同時に『段階的に四島返還に向けて解決を目指す』というような政府コメントが入るはずですが、本音ではすでに四島返還を諦めている状態だとも聞きます」(政府関係者)

「とにかく、12月の日露会談を“歴史に残るものにしたい”という安倍の思いは強いようです。会談が行われる山口県は、安倍の地元であるうえ、外交の舞台となるのは実に1895年に日清講和条約(下関条約)以来。この山口県で新たな歴史を刻み、祖父・岸信介と、父・安倍晋太郎の悲願である“北方領土の返還”を達成したいという野望を感じます」(同)

 15年ほど前に鈴木宗男氏が説いた「二島返還論」は自民党政権が戦後主張してきたものを崩す暴論としてずいぶんとマスコミに叩かれていた記憶があるが…?

「二島先行返還は暴論だの国賊だのずいぶん叩かれていましたが、あれから結局一島も返ってきていません。安倍の目論見としては、まずはこれまで滞っていたこの問題を動かして外交力をアピールしたいということでしょう。欧米の経済制裁によって経済的弱体化が進んでいるロシアに今のうちに大型経済協力をもちかけて、二島返還を承諾させようとするプランです。もちろん、国民には『段階的に四島返還に向けて交渉する』と説明するでしょうが、実際は何もしないという作戦ですね。現実的に考えて、四島返ってくるはずなどないのですから」(同)

 とはいえ、そもそもこの四島は日本の領土である。1945年に、ソ連が日ソ中立条約を無視して対日参戦し、日本降伏後も攻撃して奪い、勝手に住み着いた不法占拠にほかならない。なぜ戻ってこないのだろうか? 別のジャーナリストに聞いた。

「国後島と択捉島の間にある『国後水道』は、ロシア海軍にとってオホーツク海から太平洋へ出るための交通の要衝の一つです。また、米本土を狙えるロシア太平洋艦隊所属の弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)が、オホーツク海に潜んでいることも、ロシアが国後島と択捉島を返還できない理由です。交渉というのはお互いが歩み寄って、双方の利益を確認したうえで決定するもの。ここまできてしまった以上、日本の主張だけを通すことはできません。また、すでに政府は、北方領土が日本に帰属するとの合意が実現すれば、既に北方領土で暮らすロシア人の居住権を容認する方針を固めています」(政治ジャーナリスト)

 来る12月、政府やマスコミに袋叩きにあった鈴木氏の考えが最も現実的なプランだったということが、安倍首相の欺瞞に満ちた自己顕示欲によって証明される可能性があるということか。果たして世論は今回の“安倍の決断”を歴史的功績として認めるのか? あっさりと裏切られたかたちとなる保守派の反応とあわせて、12月が見ものである。
(編集部)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

北方領土問題「既に二島返還で決定。四島返還は永久にない可能性」政府関係者が衝撃暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル