480年前のフレスコ画に「謎の円盤」が描かれていた! ドラキュラとの関連も浮上=ルーマニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■ドラキュラは宇宙人だった!?

 スコット・ウェアリング氏は、今回発見されたフラスコ画とドラキュラ伯爵のモデルとなったワラキア公ヴラド・ツェペシュとの関連を指摘している。

「このUFOは多くのことを教えてくれます。もし、ドラキュラが本当に血を飲むのだとしたら、彼がエイリアンであることことも納得できるでしょう。人間を食すタイプのエイリアンが数種類いると聞いたことがあります」

 英紙「Express」(10月21日付)によると、発見されたフラスコ画の制作年代は1534年以前だと推定されているため、確かにヴラド3世(1431~1476)との関係も視野に入れた方がいいかもしれない。

vladufo_03.jpgヴラド3世「Wikipedia」より引用

 ヴラド3世といえば、その顔や名前(ヴラドVlad、ウラジミールVladimir)の類似から露ウラジミール・プーチン大統領と同一視されることがしばしばある。プーチンには、白色人種に似たノルディック型宇宙人の側近がいるという話も実しやかに噂されていることから、もしヴラド3世とフレスコ画のUFOとの関係が立証されれば、同一人物説がぐっと真実味を帯びるだろう。

 確かなことは言えないが、ドラキュラ・エイリアン・プーチンの三つ巴の関係には今後も注目していった方が良さそうだ。思いもよらない歴史の真実が顔を覗かせるかもしれない……。
(編集部)


参考:「Inquisitr」、「Express」、「UFO Sightings Daily」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。