【徹底解説】熊本地震→阿蘇山噴火→博多陥没… 九州で不幸が連続する理由は“呪い”なのか?

【徹底解説】熊本地震→阿蘇山噴火→博多陥没… 九州で不幸が連続する理由は呪いなのか?の画像1画像は「ANNnewsCH」より引用

 今年に入ってから、九州は立て続けの災難に見舞われている。4月14日の熊本地震、6月の豪雨、10月8日の阿蘇山噴火、そして今月8日の博多駅前の「巨大陥没」――。もちろん、道路の陥没に関しては地下で行われていた工事の影響による人災で、自然災害とは性質が異なる。しかし、それにしても九州で不幸な出来事が相次いでいる。いま九州で、何が起きているのか?

 謎を探るため、魔女である筆者は、まず九州の地球エネルギーを霊視してみた。すると、確かに去年より「護り」のパワーが少し弱まっているようだった。では、その理由とは何か? 調査をすすめると、ある衝撃の事実に思い当たったのだ――!


■世界的に有名なパワースポット「幣立神宮」

 災難の連鎖は今年4月の熊本地震から始まっているが、実はこの地震によって、日本のレイラインの一端を構成する九州最大のパワースポットの一つ「幣立(へいたて)神宮」(熊本県)が損傷を受けていたのだ。ちなみにレイラインとは、地図上で直線的に並んだパワースポットを意味し、日本をさまざまな不幸から護る役割を担っている。

【徹底解説】熊本地震→阿蘇山噴火→博多陥没… 九州で不幸が連続する理由は呪いなのか?の画像2幣立神社 画像は「Wikipedia」より引用

 幣立神宮は小さな神社だが、極めて強力なパワースポットであり、国内のみならず世界各国からヒーラーや祈祷師が参拝しに来ることで知られる。というのも、この神社には旧約聖書の「出エジプト記」に登場するユダヤ民族の指導者であったモーセのお面、世界の祖神をかたどった「五色人」のお面、そして古代ユダヤの秘宝「水の玉」が御宝物として奉られている、というのだ。「五色人」は、黄人(アジア系)、赤人(ユダヤ・アメリカインディアン・アラブ系)、青人(北欧系)、白人(ヨーロッパ系)、黒人(アフリカ・インド系)に分類され、世界人類の祖とされる存在だ。