地震発生直前、イタリアで七色に輝く「巨大真珠型UFO」が激写されていた?宇宙人による地質調査か?

 地震発生直前、イタリア上空に巨大UFOが出現、撮影されたとの情報が入ってきた。ヨーロッパの某有名研究所が絡んでいた可能性も指摘され、世界中のUFOコミュニティに激震が走っている。


■イタリア上空に「巨大UFO」出現

 海外オンラインニュース「Inquisitr」によると、問題のUFOは、今月2日イタリア北西部ロンバルディア州に出現。突如空中から姿を現した瞬間を地元住民ジュゼッペ・フィリポーニ氏が写真におさめたそうだ。

 それでは、問題の画像をご覧頂こう。

地震発生直前、イタリアで七色に輝く「巨大真珠型UFO」が激写されていた?宇宙人による地質調査か?の画像1画像は「UFO Sightings Hotspot」より引用

 やや円錐状の円盤がはっきりと確認できる。雲のようにも見えるが、円盤の周囲が発光している点はあまりにも不可解だ。さらに、円盤の右上方にもオーブ型UFOが3つも飛行しているではないか。円盤から飛び立った宇宙人の偵察機だろうか? 地殻変動と関係があるとして、科学的に研究されている「地震前発光現象」とは明らかに異なっているのがわかるだろう。一体これらは何なのだろうか?

 世界的に著名なUFO研究家スコット・ウェアリング氏のコメントを見てみよう。

「この巨大円盤状の真珠型UFOは先週目撃されました。ほれぼれするほど完璧なドームが機体上部を覆っていますね」(ウェアリング氏)

 懐疑派YouTubeユーザーからは「フォトショップには脱帽だ」と、フェイクを疑う声もあがっているが、ウェアリング氏はUFOに間違いないと確信しているようだ。

■イタリア地震とUFOとの関係

 一方、UFO研究ブログ「UFO Sightings Hotspot」は、今回出現したUFOと地震との関係をほのめかしている。

「今回のUFOが目撃された2日後に、チリでマグニチュード6.4の地震が起こりました」
「地震の直前にUFOが目撃されたのは、これが初めてではありません。彼らは、悪化する地球の地質状況をモニターするためや、目の前に迫っている災害を知らせるために出現するといわれています」

 ここでは指摘されていないが、実はUFOが出現した翌日(11月3日)にも、10月に「イタリア中部地震」が発生した地域で、マグニチュード5.0の地震が発生していた。

 地震発生の前兆は、地震雲でも動物の異常行動でもなく、UFO出現だったという驚きの新事実(?)が発覚したわけだが、それならば、UFOの出現は我々にとって有益だと考えて良いのではないだろうか? UFO観測が人命を救う時が来るかもしれない。

地震発生直前、イタリアで七色に輝く「巨大真珠型UFO」が激写されていた?宇宙人による地質調査か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル