ノストラダムスが「トランプ大統領誕生」を完全予言していた! “恥知らずなトランペット”が核戦争勃発→世界滅亡は確定か!?

■トランプ当選は核戦争勃発の合図か?

ノストラダムスが「トランプ大統領誕生」を完全予言していた! 恥知らずなトランペットが核戦争勃発→世界滅亡は確定か!?の画像3画像は「Express」より引用

 さらに、文中に見られる「トランペット(trumpet)」と「トランプ(Trump)」の一致には末恐ろしさを感じるではないか。百詩篇第3巻50番にもトランペットが登場する。

「大都市の共和政体は大変な強情さで同意したがらないだろう、王がラッパ兵(英語訳:trumpet)を通して外に出るよう命じたことに。壁に梯子、都市は後悔する」

 ここでは、「大都市の共和政体=アメリカ国民」の意向を無視する形で、トランプが破滅的な戦争、たとえば核戦争に突入することが予言されているという。

 ノストラダムスの予言の数々にネット上では、「トランプの当選は、ノストラダムスが予言する終末の始まりに違いない」と恐れる声もあがっている。トランプこそ終末を引き起こす、あの“恐怖の大王”アンゴルモアなのだろうか? 

ノストラダムスが「トランプ大統領誕生」を完全予言していた! 恥知らずなトランペットが核戦争勃発→世界滅亡は確定か!?の画像4画像は「Express」より引用

 だが、百詩篇第3巻50番をもう1度よく読んでみて欲しい、命令を下しているのは「王」であって、トランペットはそのための道具に過ぎないではないか。フランス語の原文では、「アンゴルモアの大王」も、「恐怖の大王」も共にGrand Roy(偉大な王)と表記されている。つまり、ここで登場する「王」の方を、アンゴルモアの大王だと考えるべきだろう。すると、トランプを背後で操る影の権力者の存在が予言されていることになるが……。

 先日トカナでは、トランプの背後にはプーチンとエイリアンの存在があることをお伝えした。もしかしたら、彼らこそが世界に破滅をもたらす恐怖の大王なのかも知れないが、ノストラダムスが、400年後の世界の裏の裏までお見通しだったとしたら、それはそれで恐ろしいことだ。全ての判断は読者に委ねられているが、トランプの動向にはこれまで以上に注意していった方が良いことは確かだ。
(編集部)


参考:「Express」、「Disclose.tv」、ほか

コメント

2:8823π線 2016年11月11日 16:02 | 返信

・タイムリーパー説
・韓国の古い雑誌で「トランプ大統領」誕生を28年前に予言
・アニメ番組「ザ・シンプソンズ」が米大統領選の結果を16年前に予知!

こんぐらいはね

1:匿名 2016年11月11日 15:14 | 返信

以前の編集部署名記事は宇宙人だー陰謀だー世界滅亡だーと絶対そう思ってないのにわざとらしく白々しくはしゃぎ倒すだけの内容で、読んでて馬鹿にされてる気しかしなかったが、最近の記事は懐疑的な視野も混ぜることで奥行きが出たと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。