あの“バグダッド電池”を再現した男、ジェイソン・マーテルが語る! 「スターチャイルド・宇宙人・米政府」の謎とは?(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

あのバグダッド電池を再現した男、ジェイソン・マーテルが語る! 「スターチャイルド・宇宙人・米政府」の謎とは?(インタビュー)の画像3撮影:編集部

■UFO&宇宙人の研究にもアジアの時代到来

――トカナのインタビューに応じていただき、大変光栄です。日本のメディアとしては初めてのインタビューではないでしょうか? UFOや宇宙人の研究に長年取り組まれてきたマーテルさんですが、あなたが考える、いま一番注目すべき場所とはどこでしょうか?

マーテル氏  こちらこそ、ありがとうございます。これはリップ・サーヴィスでも何でもなく、私の目はいま、実のところ日本を含めたアジアに向いています。アジア各国には、まだまだ未解明かつ発見すらされていない謎や、知恵の数々が他の地域よりも多く存在しているのです。

あのバグダッド電池を再現した男、ジェイソン・マーテルが語る! 「スターチャイルド・宇宙人・米政府」の謎とは?(インタビュー)の画像4撮影:編集部

――それは、日本人として、そしてアジアの一員として驚きです。まだまだ自分たちの文化についてさえ、知らないことがたくさんあるのですね……。

マーテル氏  ですから、アジア各地で遺跡調査がもっとできるよう、地元の政府や管理団体の許可が下りやすい土壌作りのため、みなさんの力が貸りられることを願っています。何千、いや何万年も遡る歴史がありますから、未来の世代のためにも、少しでも秘密を明かさなければなりませんし、そうすべき時がやって来たと思います。これからも、ぜひ世界の不思議に対して、疑問を投げかけ続けてくださいね。


■UFOとの出会い、そして活動の原点

――では次に、マーテルさんご自身がUFOに遭遇したという体験はあるのでしょうか? なぜ、今のような活動に従事されているのですか? そのモチベーションとは?

マーテル氏  私は今42歳ですが、大学生時代、家の裏庭で友達と過ごしていた時、何かが空を横切って飛んでいったのを目撃したのです。当時は、宇宙人やUFOがそこまで常識にはなっていませんでしたし、ドラマ「X-ファイル」も人気を博す前のことです。その時は「一体何なのだろう」と強く疑問に思っただけでした。

――今となってみれば、それがUFOだったと。では、それを追いかけることに夢中になり始めたのはいつですか?

マーテル氏  1995年、イギリスのテレビ番組で「宇宙人解剖フィルム」の存在が明かされそれを視聴したことで、自分の内側で“何かが弾けた”ような感覚があったのです。後にその番組内容はウソだと判明したのですが、アメリカ政府が何かを秘密にしていることは確かで、それをもっと追求したいと思うようになりました。そして調査を進めれば進めるほど、次から次へと扉が開けていったというわけです。

かの有名な宇宙人解剖フィルム 動画は「YouTube」より引用


■いま地球人に求められている姿勢とは?

――このイベントには、宇宙人に遭遇したり、UFOを目撃してしまった人もたくさん訪れています。それ以外にも、古代に高度な文明があったことを示唆する、いわゆるオーパーツと呼ばれる遺物に関心を持っている人もいるでしょう。私たちは、このような“新たな発見”に際して、どのような心構えで臨むべきなのでしょう。

あのバグダッド電池を再現した男、ジェイソン・マーテルが語る! 「スターチャイルド・宇宙人・米政府」の謎とは?(インタビュー)の画像5撮影:編集部

マーテル氏  はい、とてもいい質問です。地球のものか、地球外のものかを問わず、あらゆる物事や文化に対して尊敬の念を抱き、楽しむ姿勢を持つことが何よりも大切ですよ。

――不思議だし理解できない、と考えることを止め、拒絶するような姿勢はいけないということですか?

マーテル氏  私はクリスチャンとして育ち、キリストや聖書について学んできましたが、異なる背景を持つ者同士がもっと互いについて知り、理解を深めれば深めるほど、同じ土俵で対話ができるようになるものです。そしていずれは、さまざまな疑問に対する答えを、ともに導き出せるようになる。敬意を払い、理解し合うこと――相手が外国人であれ、宇宙人であれ、それがもっとも大切なことなのです。

コメント

1:さんちゃん 2016年12月26日 14:54 | 返信

トカナ編集部とライターたちよ、日本のメディアの代表に選ばれたからには、イカサマ予言者やインチキ情報のオンパレード記事を書いてきたこれまでの悪行を悔い改め、イエス様のように愛に生きることを誓いなさい

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。