風化されゆく「三里塚(成田)闘争」 の地の今 ― 島状に点在する“激戦の痕跡”を訪ねて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

風化されゆく「三里塚(成田)闘争」 の地の今 ― 島状に点在する激戦の痕跡を訪ねての画像6
風化されゆく「三里塚(成田)闘争」 の地の今 ― 島状に点在する激戦の痕跡を訪ねての画像7

 そんな彼らが暮らす田園風景を眺めつつ歩いていると、しきりに上空を行きかう巨大な航空機の機影と轟音さえ無視すれば、それは一見、どこにでもある農村のひとコマを思わせる。だが、そこからしばらく歩けば、すぐにまた空港側との衝突を感じさせる痕跡へと差し掛かるのだ。近くにある二つのバス停は、果たしてどの程度の利用者がいるのかもわからないほどに閑散としており、道路脇に点在する農地には、「第3滑走路粉砕!」「農地取り上げ許さない!!」といったスローガンを記す立て看板が確認できる。またその後、しばらく周囲を散策してみると、慰霊碑と思しき石碑が等間隔に三柱並ぶ光景に出くわしたが、聞くところによると、これらは1971(昭和46)年に起きた東峰十字路事件で、過激派との衝突によって殉職した3名の警察官への鎮魂の意味が込められているという。

風化されゆく「三里塚(成田)闘争」 の地の今 ― 島状に点在する激戦の痕跡を訪ねての画像8

 安保闘争や学生運動、そしてそこから様々な事件が巻き起こり、それらの事象の1つ1つが、生々しい爪痕ではなく、教科書上の記載となってしまったこの時代、多くの人々が政治に関心がないとされつつも、ネット上にはいわゆる「ネトウヨ」「ネトサヨ」へと姿を変えた怒れる大衆が、顔の見えない相手との論戦に興じる世となった。そうした当世と、闘争にすべてを捧げた若者たちの激動の時代とを重ね合わせると、やや隔世の感は否めないが、少なくともこの地域に限って言えば、当時から続く彼らの長い戦いの歴史が、今なお、現役のものとして息づいているのかもしれない。
(写真・文/Ian McEntire)

関連キーワード

コメント

2:匿名 2017年1月10日 18:37 | 返信

誤字あり
離発着

1:匿名 2017年1月9日 20:40 | 返信

現在三里塚の当時の住人(戸籍登録者)はすべて亡くなったと聞きますが、誰が所有権を有しているのでしょうか。
行政は今後どのような対応をしていくのでしょうか。
追取材をお願いします。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。