2億5千万年後の地球の姿が公開!超大陸「アメイジア」が誕生していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

,

 英紙「Daily Mail」(1月12日付)によれば、2億5千万年後の地球は、北米と南米大陸が融合し、そこへユーラシア大陸がドッキングして単一の超大陸になっているという。このスーパー巨大大陸、名付けて――アメイジア大陸。


■2億5千万年後に超大陸アメイジアの誕生

 この研究は総合学術雑誌「Nature」に発表されたもので、エール大学の地質学者と日本の「国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)」の共同研究チームによりもたらされた。

amasiacontinent1.JPGDaily Mail」の記事より

 彼らの大型計算機システムを駆使した最新の数値シミュレーションによると、今から2億5千万年後、北半球を中心に現在のアメリカ大陸、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸は結合され、新たな超大陸が形成されるという。論文の筆頭著者であるエール大学のロス・ミッチェル博士は「最初に南北アメリカ大陸が結びつき、そのまま北上して現在の北極あたりでヨーロッパとアジアにつながります」と北極中心に形成される可能性を示唆している。日本列島についても「南半球から北上するオーストラリア大陸と、すぐ隣のユーラシア大陸に挟まれ、超大陸の一部に取り込まれてしまうでしょう」と予測している。また、海洋の形の変化によってカリブ海、北極海は消滅してしまうそうだ。

 この超大陸の形成メカニズムだが「プレート」の移動がカギといわれている。地球は中心から核(内核、外核)、マントル(下部マントル、上部マントル)、地殻という層構造になっている。このうち「地殻」と最上部マントルは硬い岩板でできており、この十数枚の巨大な岩板こそ地球の表面を覆っているプレートだ。プレートの移動は、すでに太古の昔から繰り返されてきているが、人間の爪の成長とほぼ同じ、年に数ミリから数センチほどの速さで移動しており、地震は、このプレートがずれることにより発生すると考えられている。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年12月29日 20:44 | 返信

>> 1

ゴキブリやナメクジから進化してそうね

1:匿名 2018年10月15日 20:49 | 返信

2億5000万年の人類が今と全く同じ筈が無い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。