NASA敷地内で「完全なる円盤型UFO」が低空飛行! グーグルアースの衛星写真で発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

 UFOといえば、第45代目米国大統領を決める選挙活動の中で元候補者だったヒラリー・クリントン氏が、「政府の極秘UFOファイルを国民に開示する」という公約を掲げ話題となった。2015年の『The Conway Daily Sun』誌のインタビューでも、ヒラリー氏はUFOに関する情報を究明する意向があることも示したが、ヒラリー氏が今回の大統領選で惜しくも敗れたことで、UFOに関する情報の開示は実現されることはなかった。

NASA敷地内で「完全なる円盤型UFO」が低空飛行! グーグルアースの衛星写真で発見!の画像1画像は、「UFO Sightings Daily」より

 UFOの謎は深まる一方だが、今月1日にUFOに関する情報を扱うサイト「UFO Sightings Daily」は、円盤らしき物体がNASAのJPL(ジェット推進研究所)の敷地内で発見されたと報じ、その物体を写した写真も掲載した。それは「グーグルアース」上の衛星写真を撮影したものだが、明らかに物体が移動しているのが分かる。円盤は地面すれすれを飛行していると思われ、地上には僅かばかりの影ができているだけだ。小高い丘の上に建設された同施設は周囲を軍事フェンスで囲まれており、関係者以外の人間の無断侵入は不可能のため、真相は今だ闇の中と言えよう。

NASA敷地内で「完全なる円盤型UFO」が低空飛行! グーグルアースの衛星写真で発見!の画像2画像は、「Google Earth」より

 UFOは地球外からやってきたのか、それとも元々地球上に存在していたのか、その真意は謎に包まれている。しかし過去にはアドルフ・ヒトラー率いるドイツ・ナチス政権が、第二次世界大戦中に円形翼のプロペラ機や全翼ジェット機を製作。南極大陸の厚い氷の下には、ナチスのUFO基地が存在すると言われており、NASAはナチスの技術を長年調べている。

 今回、JPLで撮影された謎の飛行物体の写真は、米国が宇宙人からの技術提供を受けて開発しているものなのか、それともナチスの技術を応用し、自ら作り出したものなのか。まだまだ謎は深まっていくばかりだ。
(文=山下史郎)


参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

人気連載
怖いほど「自分の足りない能力」がわかる4択占い! Love Me Doが徹底解説…打開策も!

怖いほど「自分の足りない能力」がわかる4択占い! Love Me Doが徹底解説…打開策も!

■今、あなたに足りない力 「不機嫌な女の子がいます。その...

人気連載
11月18日~24日の運気がわかる「精霊占い」! 試練の時、自暴自棄… Love Me Doが開運アイテムも伝授!

11月18日~24日の運気がわかる「精霊占い」! 試練の時、自暴自棄… Love Me Doが開運アイテムも伝授!

■2019年11月18日~24日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年2月4日 22:27 | 返信

UFOコンタクティとか宇宙人に興味がある人って、宇宙に目を向けろとか、宗教じみたキレイ事をいうけど、現実世界の解決には全然対処していないキモイおじさんが多い。
UFO撮影よりもっと地球のために有益なことを実行したらいいのに。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。