膨張する“第二の太陽”がスロバキア上空に出現、目撃者多数! ニビルかUFOか、専門家を巻き込み大論争に【衝撃動画】

 今月10日、スロバキアの首都ブラチスラヴァ上空で不可思議な現象が確認された。なんと太陽が2つ並んでいたというのだ!

 映像に残されたこの“第二の太陽”は、宇宙や大気現象の謎を追い続けるYouTubeチャンネル「Martin Mikuaš」で確認することができる。しかも、ブラスチラヴァではつい先月、1月23日にも同様の“第二の太陽”が撮影されていたようで、動画にはどちらも収録されている。“第二の太陽”が天体であるならば、他の地でも観測されそうなものだが、なぜブラスチラヴァだけ? それも立て続けに2度……。太陽に寄り添う謎の発光体は、一体何なのか!?

 それでは早速、問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より引用
膨張する第二の太陽がスロバキア上空に出現、目撃者多数! ニビルかUFOか、専門家を巻き込み大論争に【衝撃動画】の画像12月10日撮影。画像は「YouTube」より引用

 この動画は、撮影者であるMiroslav Kordiakという人物から提供された映像を元に、「Martin Mikuaš」側が編集したもの。夕暮れ時の沈みかけた太陽が、空をオレンジ色に染めている。家路を急ぐスロバキアの子どもたちの足音が聞こえてくるかのような美しい光景だが、この動画、よく見るまでもなく何かがおかしい。そう、太陽が2つあるのだ。どちらが太陽なのか、まるでわからないほどソックリではないか。

 1月23日に撮影された“第二の太陽”と見比べてみると、よく似ていることが確認できる。左側がより大きく、強く発光しており、若干ボケているのだ。1月撮影の左側の発光体は、揺らめきながら徐々に大きくなっているので、右側が本来の太陽であることが推測できる。気になるのは、やはり左側の発光体の正体だ。まず頭に浮かぶのは、かねてより地球に衝突する危険性が指摘されている仮説上の太陽系惑星、「ニビル」だろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ